もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

やっぱVODが最強!わたしがもうレンタルビデオでアニメを見ない理由

みなさん、オルカーー!!

アニメをVODで視聴するバーチャルブロガー、あにまんど速報の管理人(@anime_VOD)よ。

わたしはいま、dアニメストアAmazonプライムビデオでアニメを見ているわ。

もともとはTSUTAYAのようなレンタルショップでDVDを借りてアニメを見ていたこともあったのよ。むしろレンタルショップは頻繁に利用していたわ!

そんなわたしも、アニメを見るときにはVOD(ネット動画配信)サービスを愛用するようになったのよね。

わたしがレンタルビデオショップに行くことは、もうないでしょう。

このエントリーでは、レンタルビデオではなくてVOD(インターネット動画配信)でアニメ見ることになった理由を語ろうと思うわ。

VOD(ネット動画配信)とレンタルビデオを比較する

ネット動画なら、お店に足を運ぶ必要がない

インターネット配信されているアニメの動画であれば、基本的に再生ボタンのワンクリックで視聴を始めることができるわよ。

家にパソコンやタブレットがあれば、自宅にいながらにして見たいアニメをすぐに再生することができてしまうの。

レンタルショップに足を運んで、レンタルの手続きをして、見終わったらレンタルショップに返却する必要はないわ。圧倒的に楽なのよね!

  • VOD:見たいアニメを探して、再生する
  • レンタルビデオ:お店に行って、見たいアニメを探して、レンタル手続きして、再生して、見終わったら返却する

某掲示板群では10年以上前から、実店舗に足を運ばずにAmazonのようなネットショップでものを購入することを「ポチる」と言ったりしていたけれど、まさにあの感覚よね。

手軽さが段違いだわ。

ネット動画なら、貸出中にならない

VOD(ネット動画配信)であれば、「貸出中だから見たいアニメが見られない」ということからも無縁になるわよ。

レンタルショップに通っていた時代だと「『涼宮ハルヒの憂鬱』を全巻借りに行ったのに、1巻と4巻が貸出中だったorz」なんてこともあるあるだったのよね…。


貸出中で見たいアニメを見られなかったオタク(イメージ図) ©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

せっかくレンタルショップにいっても、お目当てのアニメが置いていない…となると悲しい気分になるの。

でも、ネット動画を見るようになってからそういうことからは無縁になったわ!

個人的に、この「貸出中にならない」という点は地味に大きなメリットよ。

ネット動画なら、「レンタル開始」を待つ必要がない

VOD(ネット配信動画)であれば、「レンタル開始」を待つ必要はないわ。

地上波で放送されるTVアニメなら、概ね1週間以内にはdアニメストアのようなVODサービスでも配信が開始されるのよ。

実際に 2018年夏アニメの例をみてみましょう。いままで当サイトで紹介した5タイトルをサンプルとして利用するわね。

タイトル 地上波放送 配信開始
進撃の巨人3期 7/22 24:35- 7/23 12:00-
はねバド! 7/1 24:00- 7/4 12:00-
はたらく細胞 7/7 24:00- 7/9 12:00-
ISLAND(アイランド) 7/1 22:00- 7/1 22:30-
ちおちゃんの通学路 7/6 22:00- 7/6 21:30-

これを見ればわかると思うけれど、ほとんどが地上波の放送開始から数日以内にVODでの動画配信がスタートしているわよね!

『ちおちゃんの通学路』にいたっては地上波の放送よりも早いのよ。おかしなことやっとる(唐突なキャラ崩壊やめろ

一方で、TVアニメのDVDレンタル開始って、だいたい地上波の放送の半年ぐらい先じゃないかしら。それを考えるとVODの配信開始の早さは際だっているといえるわよね。

  • VOD:地上波放送の1週間以内に配信開始
  • レンタル:地上波放送の半年後にレンタル開始

どっちが便利かは一目瞭然よね。

ちなみにアニメ映画でも公開終了後から時間をおかず、すぐにVODサービスで配信が開始されることが多いわ。

MEMO
ただし映画の場合は「1本500円」等、見放題として配信されるのではなくて、PPV(1話ごとの個別課金)形式となることの方が多いわね。

近所のレンタルショップが潰れた

わたしがレンタルショップを使わないで、ビデオオンデマンドで利用しているもう1つの理由は、単純に近所のレンタルショップ店が潰れたからよ。

レンタルショップって、売り場面積の広いところはアニメコーナーも充実しているけれど、売り場面積の狭いところはどうしてもキッズアニメに占領されたりしがちなのよね…。

さっきは「『涼宮ハルヒの憂鬱』を全巻借りに行ったのに、1巻と4巻が貸出中だったorz」という例を挙げたけれど、そもそも地方の小さなレンタルショップには『涼宮ハルヒの憂鬱』のような深夜アニメが置いていないこともザラにあるわ!


店に見たいアニメが置いてなくて絶望するオタク(イメージ図) ©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

MEMO
ちょっとだけマーケティングの話になるけれど、レンタルショップの品揃えは売り場面積に拘束されるから、どうしてもニッチな深夜アニメなんかは取り扱ってくれないのよ。リアル店舗を展開する小売業の宿命だわ。

売り場面積によって品揃えが制限されるレンタルショップが、VODサービスに取って代わられるのは時間の問題だったのかもしれないわね。

スポンサーリンク

新作も旧作も、自由に見られる!

さっきも言ったように、新作アニメでも地上波放送から概ね1週間以内に動画配信が開始されるわ。

もちろんだけど旧作もしっかり取り揃えているわよ。『電脳コイル』のようなニッチな作品だって簡単に見ることができちゃうわ。

そして「アニメ見放題」サービス最大手のdアニメストアなら、新作も旧作も等しく見放題で1ヶ月400円しかかからないのよ。

もうアニメ見るときには、VOD(ネット動画配信)の利用がまっさきに思い浮かぶ選択肢になったわ。

あなたにもそういうライフスタイルを提案したいわね。
もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

以上「あにまんど」管理人でした!またね!