もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

「アニメを録画で見る」という欠陥だらけの視聴方法 録画失敗とはおさらばだ!

TARI TARI おたんこなす

みなさん、オルカーー!!

アニメのVOD配信 情報サイト「あにまんど速報」の管理人、さかまた凪(@anime_VOD)よ。

あなたは普段、どうやって深夜に放送されるアニメを見ていますか?

ナギ

そうだね、プロテインだね「録画」だね。わたしも数年前まではそうでした。

でもね、録画して深夜アニメを視聴するのって意外とデメリットも多いんですよ。気づいていましたか?

いまパッと思いつくだけでもこれだけあります。

  • 録画を忘れることがある、失敗することがある
  • 実家ぐらしだと消化が大変
  • 家のテレビでしか視聴できない
  • 基本的に新作のアニメしか見ることができない

「デメリットに気づいていない」というのが実はけっこうやばくて、無意識のうちにストレスになっていたりするものです(特に実家ぐらしの人)。少なくともわたしはそうでした…。

この記事を通じて、あなたにも「録画以外にアニメを見る方法ってないのかな?」と、疑問を持ってもらいたいと思っています。

ナギ

いままで「アニメを録画して見る」という行為になんの疑問も持っていなかった、そこのあなたにこそ読んでほしい!

この記事を読むとわかること
アニメを録画して視聴するスタイルのデメリットと、録画視聴の代案

アニメ録画のデメリット

録画を忘れる、失敗することがある

録画でアニメを視聴するときいちばんよくあるのは、「録画を忘れることがある」「録画できていないことがある」ってヤツですね。あなたにもきっと経験があるはずです。

うちのHDDレコーダーちゃんがポンコツだったのかもしれないけれど、「毎週録画」に失敗した!なんてことも1クールに1回ぐらいある。

録り溜めていたアニメを4話まとめて見ようと思ったのに、第3話だけ録画できてなかったorz

なんてことになったら悲しいですよね。

いまから3話の動画を探しても、ニコ動の無料配信は終わってるし、他に出てくるのは違法サイトの動画ばかり。再放送もやっていない。

そのせいで、楽しみにしていたアニメを見るモチベーションが、一気に失せていくことも何度かありました。


録画ができていなくて絶望するオタク(イメージ) © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

あと、わたしは単純にズボラなので録画を忘れることもよくある。稀によくある(おい

機械のエラーやヒューマンエラーで見たかったアニメを見ることができない…という状態が作られるのだから、「録画」はアニメの視聴形態として欠陥があると言わざるをえないわけです。

実家ぐらしだと消化が大変

わたしの場合「録画」をやめた最大の要因は、とにかく家族内でチャンネル争いに負けることでした。

  • 平日の日中は母親がワイドショーをつけているし…
  • 夕方には弟がバラエティを見ているし…
  • 朝と夜は父親がニュースにチャンネルを合わせるし…
  • 休日になったら家族みんなでスポーツを見ているし…

空気を読まずに大画面テレビで録画したアニメを見てても、自分しか得しない。

アニメを見るわたしに注がれる、家族からの冷ややかな目線もツラい。こうして未視聴のアニメが溜まっていくばかり…。

家族からは「HDD容量なくなってきてるから早く消してくれ」と言われるけど、それならわたしにアニメを消化する時間をくれよ!と家族に言い返したくなることも多々ありました。

TARI TARI おたんこなす
言い返したくなるときのわたしはこんな顔してる (c)tari tari project

あと、いま見てるアニメのタイトルが家族に筒抜けになる というのも地味にツラいです。内容はともかくとして『エロマンガ先生』とかキツすぎるw

家のテレビでしか視聴できない

「録画」以外の方法でアニメを見ない人はなかなか気づきにくいけれど、「家のテレビでしか視聴できない」というのも実はデメリットです。

いまやスマホでYouTubeの動画を楽しむ時代ですよ。

アニメをスマホで見るのもいいだろうし、画面が小さいのが気になるならタブレットで見てもいい。

「スマホでアニメを見る」はアリでしょ!アニメをもっとカジュアルに楽しもう

さっき「チャンネル争い」の話をしたけれど、そもそもあれは「家族共有のテレビ」でアニメを見ようとするから生じる問題です。

「自分専用のタブレット」でアニメを見ていれば、いつでもどこでもアニメを見ることができちゃうわけ。

ユキヤ
アニメをタブレットで視聴するオタク(イメージ) ©SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design ©2006-2011 CLAMP・ST

パソコンでもなんでも持ち運びが可能な時代なんだから、もちろんアニメだって持ち運べます。「家に帰らないとアニメを見ることができない」ことすら自明のことではありません。

「家に帰る途中にもアニメを見る」をスタンダードにしていきましょう。

基本的に、新作アニメしか見られない

「録画」するということは、現在放送されているアニメしか見ることができないわけです。つまり基本的に新作アニメしか見ることができません。

ふとした拍子に『涼宮ハルヒの憂鬱』『コードギアス反逆のルルーシュ』を見たい…と思い立ったとき、あなたならどうしますか?


どーすんのよキョン! (C)2009 Nagaru Tanigawa・Noizi Ito/SOS団

アニメが好きであれば「いますぐに見たい!」という瞬間がきっとあるはず。「鉄は熱いうちに打て」って言葉があるように、その気持ちは絶対に大事にすべきなんですよ。

再放送を待ちますか?いやいやそんな悠長に待ってられないですよね。

旧作が見たかったら、レンタルビデオでアニメを見る のも1つの手かもしれないけれど、そもそもハルヒとかコードギアスみたいなアニメのDVDを置いてるお店がそんなに多くない…というのも大きな問題です。

それに、わざわざ家から出かけてレンタルビデオ屋さんにいったところで、ハルヒの第1巻と第4巻が貸出中だったらどうすんの?って話です。「第2巻から借りる」なんてことはしたくないですよねw

やっぱVODが最強!わたしがもうレンタルビデオでアニメを見ない理由

スポンサーリンク

録画以外の方法

以上「録画」のデメリットについて述べてきました。

  • 録画を忘れることがある、失敗することがある
  • 実家ぐらしだと消化が大変
  • 家のテレビでしか視聴できない
  • 基本的に新作のアニメしか見ることができない

録画の持つこれらのデメリットを解決してくれる視聴方法があります。それは何かというとインターネット動画配信サービス(VOD:ビデオオンデマンド)です。

録画、レンタル、リアルタイム視聴、有料のアニメ専門チャンネル…などいろんな視聴形態を試してみました。

わたしは最終的に、ネット配信動画(ビデオオンデマンド)でアニメを見るという形に落ち着きました。

高坂穂乃果
おかげさまで『ラブライブ!』も見ることができた (C)2013 プロジェクトラブライブ!

たとえば、わたしがメインで使っているdアニメストアなら、2,700本以上のアニメが見放題です。

これって要するに「2,700本以上のアニメを、まとめてネット上に録画してくれてるサービス」みたいなもの なんですよ。

インターネットにつながってさえいれば、見たいときに見たいアニメを見ることができることのメリットは思ったより大きかったです!

  • 「録画失敗」「見逃し」とは無縁になった
  • 家族の目を気にせず、アニメを見ることができるようになった
  • 昔の名作も簡単に見ることができるようになった

わたしはいま、昔からずっと見たいと思っていた『攻殻機動隊』を見ているし、今期のアニメ視聴もほとんどdアニメストアで完結しています。

dアニメストア(詳細を見てみる)

録画とはFAXみたいなものです。未だにありがたがって使ってる人もいるけれど、近いうちに時代遅れになるのは目に見えている。

「録画忘れ」を繰り返すぐらいなら、さっさとこっち側にきちゃえばいいわよ。

ナギ

以上「あにまんど速報」管理人、さかまた凪 でした!またね!