もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

『進撃の巨人』3期の「現在公開可能な情報」アイキャッチ全まとめ【随時更新】

みなさん、オルカーー!!

バーチャルブロガー(電脳パーソナリティ)の、さかまた凪(@anime_VOD)よ。ナギって呼んでね!

アニメ『進撃の巨人』Season3(3期) のアイキャッチになっている「現在公開可能な情報」って、何が書いてあるのか気になる!!!

…というわけで全話分文字に書き起こしてみました。1

見返してみると意外な発見があったりするかもしれないし、「現在公開可能な情報」が伏線になっているかもしれません。なっていないかもしれません(

ちなみに、『進撃の巨人』3期は、dアニメストアで動画配信もありますよー!

アニメ『進撃の巨人』3期 Part1 アイキャッチ

3期1話(38話)巨人の正体

個体差の大きく異なる巨人だが、弱点は一様にうなじの「縦1m幅10cm」の領域だ。これは人の「脳から脊髄」のサイズに相当する。巨人がこの領域を切除されると修復できずに滅びるのは、そこに巨人と独立した器官――すなわち巨人の元になった人間がいるからと思われる。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「縦1m幅10cm」といえば、第1期の12話のトロスト区攻防戦を思い出すわね…!

ナギ

アルミンがエレンに語りかけようとして、エレンの巨人に剣を突き立てたときのセリフにも、「縦1m幅10cm」が登場していました。

アルミンの機転のきいた行動によって、エレンの巨人は再度動き出し、大岩を運んで壁の穴をふさぐことに成功したのでした!

3期2話(39話)対人立体機動装置

巨人を駆逐するためではなく、同じ人間と戦うために立体機動装置の対抗手段として開発された。人の近くを超えた行動速度と死角からの攻撃を可能とし、都市や森林部で絶大な威力を発揮する。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

人間と戦うために開発された立体機動装置。こんなものが開発されていたということは、人間がいつか調査兵団と戦うことを想定していた証。

巨人の「うなじ」を刈り取るための剣ではなく、人間の頭をぶち抜くための散弾銃が備え付けられていることがわかります。

ケニーが、リヴァイたちに対して使っていた「アレ」よ。

ナギ

3期3話(40話)意志ある巨人(巨人化の能力)

意志のある巨人は、無垢なる意志なき巨人が他の意志のある巨人を喰らうことで誕生する。意志のある巨人を喰うことで、自我を保つ力とその巨人の能力を継承するのだ。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「エレンがくわれる」と言っていたのは、エレンが「意志ある巨人」だから。

エレンの持つ「座標」という能力を別の巨人に継承させるために、エレンはずっと狙われていた …ということになります。

いろんな巨人の能力を合わせまくったら最強の巨人が出来上がりそうな予感。

鋼の女型の獣の超大型巨人!!(弱そう)

それにしても「鶏が先か、卵が先か」問題じゃないけど、いちばん最初の「意志ある巨人」はどうやって生まれたのかしらね。

ナギ

アルミンも同じようなことを疑問に思っていたけれど、気になるところです。

3期4話(41話)総統局

王政の意を受けてその配下にある諸々の行政、司法、軍事の公的組織を統括・監督する機関。政治的に他の組織の上位に存在すると言えるが、実際の勢力範囲は拮抗している。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

その名のとおり、国を統べるための機関。

王政の頭脳とも言える立ち位置だとは思うんだけど、41話まで見た感じだと詳しいことはよくわかりません!w

追記
42話には「ザックレー総統」が登場。憲兵団、駐屯兵団、調査兵団を統括するんだからめっちゃ偉い人です。42話では物語を大きく動かすキーパーソンとなりましたね。

3期5話(42話)地下礼拝堂

代々、王家の力が継承されてきたという聖なる儀式の場。その壁面は自然に発光する謎の鉱石で構成されており、なんらかの巨人の力によって作り出されたものと思われる。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

第42話でエレンが拘束されていたのがこの場所です。

そして巨人の力を誰に継承するかというと、おそらく王位継承者である「ヒストリア・レイス」なのでしょう。

3期6話(43話)叫び

巨人の中には特殊な”叫び”をあげる者がいる。女型巨人はこの”叫び”で知性のない巨人を操ったことがあり、王家の巨人も同様の能力に加え人々の記憶を改ざんする力を持つと思われる。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

Bパートでは、ケニーの祖父も「王家の巨人の力で、人類の記憶を改ざんさせることができる」という旨の話をしていましたね。

それはエルヴィンや彼の父がたてた仮説に符合するものでした。第43話は重要な核心部分が少し明かされたことになります。

3期7話(44話)注射器

ロッド・レイスがヒストリア・レイスを巨人に変えるために用いようとした器具。人間の脊髄を主原料とする。巨人化薬を注射でき、任意の能力を持つ巨人の力を与えられるらしい。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ヒストリアが、レイス家が代々引き継いできた巨人の能力を受け入れるかどうかが、44話の重要なポイントでした!

結果的にヒストリアはユミルの言葉を思い出し、エレンの持つ巨人の能力を奪わないことを決意した。

神になるのを拒んだヒストリアは、いい子の「クリスタ」ではなく、普通のヒストリアでもなく、悪い子ヒストリアに。かっこよかった…!!

ヒストリアの決断は、壁の中の人類の命運を大きく左右することでしょう…。

※ライナーやベルトルト、さらに彼らについていったユミルなどがいるため、壁の外にも人類はいるものと思われます。

3期8話(45話)巨人の硬質化

現在公開可能な情報 3期8話
鎧の巨人などが持つ肉体硬質化能力。この応用でウォール・マリアの穴を塞ぐため、エレン・イェーガーは潜伏中、硬質化の実験を繰り返していた。しかし成功したのは地下空間での試みが初めてである。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「巨人には硬質化の能力がある」というのはすでにわかっていて、たとえばアニが現在その能力を発現させているところでしたよね。

ウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナといった壁の中には巨人がいた(=壁は巨人の能力で作られていた)というのも、3期まで視聴しているわたしたちはすでに知っています。

ちなみにエレンが硬質化の実験をやっていたのは、3期の第1話を見ればわかりますよー!

ではここで、エレンに救われたサシャさんの感想を聞いてみましょう。 「でも正直言うと、あなたが泣きわめきながら気持ち悪い走り方で飛び出したあの瞬間は、もうこれは駄目だ!終わりだ終わりだ!このおばんげねえ奴はしゃんとしないや!ほんっっとメソメソしてからこんハナタレが、と思いましたよ」

3期9話(46話)ロッド・レイスの巨人体


ロッド・レイスが巨人化薬によって変貌した姿。超大型巨人を超える大きさで、それと同様の高熱蒸気を噴出する能力を持つ。体格と重量の問題で歩くことはできず、地を這うしかできない。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

いやーーー端的にキモかったですね。

末路がアレじゃ、あまりにも惨めです。最初は目もあったはずなんだけど、壁を超えるときにはもう内蔵丸見えで、顔も原型をとどめていませんでした。。

3期10話(47話)アッカーマンの血筋


王政に使えた武門の血筋。しかし王家と距離を取ったことで迫害を受けるようになった詳細は不明だが、謎の”目覚め”を経験し、常人を超える能力を獲得するものもいるらしい。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

王家の力を使って喋らせることを、ウーリは「かなわない」と言っていた。「アッカーマン家の末裔」であるケニーには、記憶の改竄などの能力が通じないらしいですね。

そんな、ケニーがレイス家に仕えるようになったことで、アッカーマン家への迫害は終わったとも言っていました。

アッカーマン家が迫害されたのは、きっと王家の能力が通用しないから(=この壁のなかで操ることができない、都合の悪い存在だから)でしょう。

そして3期10話では、リヴァイの「伯父」であったケニーが、クシェルの忘れ形見であるリヴァイを育て上げたことも明らかになりました。「力さえありゃいいんだよ」と語っていたケニーが、リヴァイのもとから去っていったのは「力を得た」と判断したからでしょう。

「謎の”目覚め”を経験」しているのかは不明ですが、常人を超える能力を獲得してるアッカーマン家の人間って…まんまミカサのようなきがする(

3期11話(48話)地獄の処刑人

地獄の処刑人
エレン・イェーガーが操れるようななった硬質化能力と壁の組み合わせで構築された、半自動巨人駆逐兵器。今までよりはるかに安全に巨人を伐採し、排除することができる。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「伐採」って表現からも伺えるように、壁に群がった巨人を倒すことが、もはや「戦い」ではなく「作業」となった。

「地獄の処刑人」の実用化に成功したハンジさん、めっちゃテンション上がってて笑うしかないwww

それから3期10話(48話)では、キース・シャーディスと、グリシャ・イェーガーの過去の話が明かされた。そこにはエレンの過去と、巨人たちがウォール・マリアを襲撃したあの日のことが少しだけ語られることに…。

3期12話(49話)肉

肉
ウォール・マリア失陥後、壁内の食料生産量は著しく低下し、広い土地を必要とする畜産は特に大きな打撃を受けた。このため肉は高価となり、食べられる機会は激減している。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

サシャがあれほどまでに肉に対する執着を持っていた理由が、よ〜くわかる解説ですね…。

奪還作戦の夜に、2ヶ月分の食費をつぎ込んで肉をたっぷり食べることになったら、争奪戦が勃発。「調査兵団は肉も食えなかったのか」という、元・憲兵団マルロの証言から察するに、中央の人間はそれなりに肉を食べることができていたらしい。

スポンサーリンク

アニメ『進撃の巨人』3期 Part2 アイキャッチ

3期13話(50話)光る鉱石

光る鉱石
レイス家の地下空洞より採取された鉱石。これも巨人の力によるものと思われる。松明以上の光を放ち、適切な加工を行なうことで夜間の活動性を大きく高める。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

新月の夜に隠密行動するためには「灯り」がどうしても必要になるから、そのための道具として使われていたことがわかる。

アニメを見ていてもわかる通り、人類は未だに産業革命以前の世界を生きている。ただし巨人の力や王家所持物からは、後の世界の科学技術を先取りしたかのようなものが見られますね。

3期14話(51話)雷槍

雷槍
頑強な装甲を持つ鎧の巨人に対抗するため、中央憲兵が隠し持っていた技術を導入して開発された武装。取り回しに難はあるものの、衝撃を一点に集中させ、落雷の如き威力を発射する。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

雷槍って、つまりミサイル弾のことだよね! ライナーの装甲にも効果アリだった。

それにしても「中央憲兵が隠し持っていた技術」という一節が気になる。やっぱり壁の中の人間のなかでも、ごく限られた人たちは現代に近い科学技術をもっているということなのか…。

3期15話(52話)黒い液体

黒い液体
巨人化能力者たちが野営の際に飲んでいた飲料とおぼしき液体。残留物からかぐわしい芳香が確認されている。詳細は不明だが、どうやら”外”にも紅茶のような嗜好品を喫する文化がある模様。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ライナーたちが野営のときに飲んでいた黒い液体は、コーヒーなのでしょう。アイキャッチの画像をよく見ると、「コーヒーミル」が一緒に描かれています。

『進撃の巨人』の世界において、壁の外側には「コーヒー」がある。それだけでも時代を随分と特定することができます。

コーヒーが「嗜好品」として嗜まれているということは、壁の外の世界がイギリスが覇権を握った「世界システム」の時代をすぎている(18世紀以降の世界だ)と推察できる。

一方で、壁の内側の世界では「コーヒー」もなければ、「電気」もない。かなり文明水準にも差があると考えられる。

3期16話(53話)超大型巨人の熱風

超大型巨人の熱風
巨人の持つ特殊な能力はいずれもその肉体を糧として生み出されている。超大型巨人の発生させる熱風も同様に、その筋肉組織を消費することで生み出しているものと思われ、有限のものと考えられる。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

超大型巨人の熱風は、「出てる」というより「出してる」ものだということが伺える解説。

詳しい仕組みとかは不明だけど、熱風のせいで生身の人間は近づくことができないし、雷槍を打ち込むことも難しい。

3期17話(54話)外の世界

進撃の巨人 外の世界
壁の外には我々の想像を絶する世界が広がっているという。炎の水、氷の大地、砂の雪原。そして海という地平線まで広がる塩水の湖。調査兵団にはそれらを見ることを夢に戦ってきたものもいるのだ。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

アルミンがずっと見たがっていた「外の世界」が、ようやく「現在公開可能な情報」として登場。

しかし、そんなアルミンも超大型巨人との戦闘で大ダメージを負ってしまった。まさか死んでしまったとは思いたくないけれど…。アルミンは自らの死をいとわない覚悟でベルトルトに挑み、絶望的な盤面をなんとかひっくり返す事に成功したのだった。

アルミンとエレンは、2人揃って外の世界を見ることができるのだろうか…。

3期18話(55話)注射薬の使用条件

注射薬の使用条件
注射薬を用いれば、巨人の力と情報を奪えるだけでなく、瀕死となったものを甦らせることもできる。ゆえに注射を打たれる者は、無力化した巨人の力を持つ者の近くにいる重傷者がふさわしい。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

重傷者は2名。注射薬は1本。調査兵団には究極の選択が求められることに…!!

エルヴィンか?アルミンか?

リヴァイがエルヴィンをここで死なせることを決めたのは、彼が誰よりも近くエルヴィンのことを見続けてきたからに他ならない。

誰よりもエルヴィンの理解者であったリヴァイが「おまえは、もう休め」と決断を下したのだから、エルヴィンとしても本望ではないかな…。

3期19話(56話)地下室の鍵

地下室の鍵
壁の外から来た、数々の謎の真相を知る人物であるグリシャ・イェーガーがその息子に託した地下室の鍵。世界の成り立ちに関する、誰にも話せなかった真実がその向こうにあるに違いない。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

第56話では、写真や飛行船が登場。壁の外の世界はかなり進んだ時代だということが予想できます。20世紀初頭ぐらいじゃないかな。

次回は、グリシャ・イェーガーの過去の話が明らかに。巨人の謎について、随分と解明されそうです…!!!

あと、今回は地下室のドアをリヴァイ兵長がダイナミックに蹴破ったのがおもしろすぎましたww

3期20話(57話)壁外人類

壁外人類
壁外に住む人間たち。外見や言語に違いはない。しかし、文明は我々よりも先に進んでいるようだ。そして、”壁内人類”である我々を大罪を犯した悪魔の民と呼んでいる。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ついにこの世界の謎の大部分が明らかになった『進撃の巨人』という作品。

57話はあまりにも情報量が多くて、一度じゃ頭が追いつかないな…というのが正直な感想でした。それぐらい大事な情報がたくさんあったと思う。

マーレ帝国と、エルディア帝国のこと。始祖の巨人とその行方。巨人の力を持った”ユミルの民”の一族。いろんな思惑が混ざりすぎていて、人物相関図がほしいレベルですw

グリシャの同胞であったダイナたちが、第1期や第2期でエレンたちの前に立ちはだかった巨人たちだったと思うと、とてもやりきれない思いが沸いてくる。

ここまで計算して構成してきた原作者の諫山先生、本当にすごいです。

3期21話(58話)九つの巨人

九つの巨人
ユミルの民に眠る人知を超えた力。知性を持つ巨人の正体であり、その力と記憶は空間を超越した道を通じて継承される。その道のすべてが交わる一点たる”座標”こそが始祖の巨人である。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

このアイキャッチ画像をよく見ると、中心にいる巨人を取り囲むように8人の巨人が膝をついており、巨人から「道」のようなものが8本つながっていることがわかる。「九つの巨人」は始祖の巨人を含めて9人であることがわかる。

九つの巨人のうち、アニ(女型の巨人)、ライナー(鎧の巨人)、ベルトルト(超大型巨人)、ジーク(獣の巨人)、ジークと一緒にいた4足歩行の巨人、ユミル、エレン(進撃の巨人)、始祖の巨人と、8人までは明らかになっている。あと1人は誰なのだろう?

第58話では、最後にエレン・クルーガーが「それができなければ繰り返すだけだ。同じ歴史を、同じ過ちを、何度も。ミカサやアルミン、みんなを救いたいなら使命を全うしろ」と言ったのが衝撃的だった。

過去の人物であるエレン・クルーガーが、どうしてミカサやアルミンを知っているのか。57-58話で一気に次の謎が広がった感があります…。

3期22話(59話)以降は…

随時更新します!!

小括

見てきたとおり、すべての「現在公開可能な情報」(アイキャッチ)は、ストーリーに関連するキーワード となっており、これをまとめれば『進撃の巨人』という作品の小事典になりそうです。

第1期と第2期の分もあわせて取り組むから、ちょっとまってね

ナギ

なお、エンディングクレジットを見ると、『進撃の巨人』の「現在公開可能な情報」(アイキャッチ)を制作しているのは「草野剛デザイン事務所」の方々 だということがわかりますよ。

『進撃の巨人』を見直したくなったら

アニメ『進撃の巨人』シリーズはdアニメストアで動画配信中です!

1期、2期はもちろんのこと、3期も放送直後から配信されてるわよー!

ナギ

他にはNetflixU-NEXT などでも、1-3期までの動画が見放題です。Amazonプライムビデオなどでは残念ながら配信されていません。詳しいことは以下の記事にて。

翌日配信!『進撃の巨人』3期の動画はdアニメストア他で見れます【見逃したらVOD】

以上「あにまんど速報」管理人の、さかまた凪 でした!またねー!

  1. ※第2期以前のものについては、別の記事にてまとめることにします。