もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

アニメの「1話だけ無料!2話から有料!w」←これムカつくよな

アニメ配信 売上

みなさん、オルカーー!!

アニメをネット配信動画(VOD)で見る人のための情報サイト「あにまんど速報」の管理人、さかまた凪(@anime_VOD)よ。

ナギって呼んでね!

ナギ

アニメの「1話だけ無料!」っての、ムカつきますよねw

せっかく1話を見ちゃったら、2話目からも見たくなるやん…?

…的な感じ。1話無料だと続きが気になっちゃいます。

有料アニメは高い

1話ごとに課金する有料アニメって、めっちゃ高いです。

だって、30分アニメを1話見るだけで、200円とかするじゃないですか。

1話200円のアニメを1クール(12話)見ると、2,400円もかかります。さすがに高すぎ。

「第1話はずっと無料、最新話は1週間だけ無料」というアニメも数年前までは多かったけれど、ここ最近は少しずつ減ってきています。

「第1話はずっと無料、第2話からはぜんぶ有料!」というアニメが増えてくると、ニコニコ動画でアニメを見るということはいよいよ難しくなる。

スポンサーリンク

時代は変わった

アニメの動画配信は、その時代が変わったんです。

アニメの配信権利を持っている「製作委員会」などの立場から考えてみると、この問題はよくわかります。無料で配信するメリットが薄くなったんですよ。

数年前まではアニメの主な動画配信サイトと言えば、YouTubeと、ニコニコ動画ぐらいでした(あとはせいぜいバンダイチャンネルぐらい)。

しかし、dアニメストアが5年ほど前に登場し、huluやNetflixがアメリカから上陸し、Amazonまで動画配信サービスに参入してきました。

これらのサービスはすべて「有料」です。

有料サービスは金払いがいいので、製作委員会もそっちの方に動画配信の権利を回すんですよね。

最近じゃ、「Amazonプライムビデオ独占配信」とか「Netflix独占配信」とかやってます。あれはもちろん、AmazonやNetflixが製作委員会に大金を積んでいるからできること。

製作委員会としては、AmazonやNetflixを相手にするほうが金回りがいいので、ニコニコ動画の配信権利は次第にないがしろにされていく …というのは想像に難くない。

もっとキツイ言い方をすれば、ニコニコ動画はAmazonに札束の殴り合いで負けた、ってことです。

アニメの動画は、ニコニコ動画のような「無料サービス」で見る時代から、有料の「見放題サービス」で見る時代へとうつりつつあります。

円盤ビジネスから、配信ビジネスへ

有料の見放題サービスが浸透してきていることは、統計データが示すとおりです。

ここ数年で、アニメの円盤(ビデオパッケージ)の市場が縮小し、動画配信の市場が拡大しています。

↓円盤の総売上の推移
円盤 売上
出典:アニメ産業レポート


↓配信の総売上の推移
アニメ配信 売上
出典:アニメ産業レポート

つまり、アニメの制作者側としては、アニメの有料動画配信でお金を稼げるようになってきている…と読むことができます。

今までのように「無料でアニメを見せておいて、ファンを作り、その中の0.5%が円盤を買ってくれればOK」というビジネスモデルは、徐々に衰退しつつある。

実際、Production I.G. の2018年5月期の決算資料を見てみると、その傾向は如実に現れています。『魔法使いの嫁』の版権売上高の構成は、以下の通りでした。ネット配信の売上高が、円盤の売上高を上回っています。

海外販売 67.3%
ネット配信 11.0%
Blu-ray/DVD 7.0%

国内商品化 1.2%
番組販売 0.6%
その他 12.9%

引用元:IGポート2018年5月期決算説明資料、5頁。

だから、制作者側としては、わざわざ無料配信をやる意味も、在庫リスクの大きな円盤商法をやる意味も、かなり薄れてきていると言える。

視聴者に高額な円盤を売るよりも、配信業者(dアニメストア、Amazonプライムビデオ、Netflix、hulu、など)にアニメの配信権利を売ったほうが、安定した利益を出せそう …というぐらいのことは、ある程度かしこい人なら想像できると思います。

微課金の力

そんな時代において、「無料でアニメの動画を見る」というのは、ちょっと難しくなってきています。

【違法サイト除外】アニメ公式動画を無料配信で見る方法まとめ

いまの時代、アニメを見る最適解は「微課金」です。

ここで、1クール5本のアニメを見る人を想定してみましょう。1クール(1週間)で5本ってことは、1か月(4週間)で20本のアニメを見ることになる。

  • もし、ニコニコ動画で全話見たら:200円×20話=4,000円
  • もし、dアニメストアやAmazonプライムビデオで全話見たら:400円(固定)

どっちが得かは、火を見るより明らか。その程度の「微課金」で、不自由さから開放されるのはかなりでかい。

「ポケモンGO」とかやったことある人ならわかると思いますが、月に数百円程度の微課金でも、快適さがぜんぜん違う…ってことは十分にあります。

都度課金よりも見放題に課金しよう

1話ごとに200円払う「都度課金」は高額に感じますが、「見放題」サービスなら毎月自動で引き落とされるので、痛みの伴わない「微課金」です。

  • アニメ1話に200円払う←なんかムカつく
  • Amazonやdアニメストアに月400円払う←なんか許容範囲

もう少し詳しく、都度課金と見放題の違いについて解説した記事はこちら↓↓

知らなきゃ損!アニメ動画「都度課金(PPV)」と「見放題」の違いについて
以上「あにまんど速報」管理人の、さかまた凪でした。またね〜。

ナギ