もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

【朗報】アニメ『ワンピース』がAmazonプライムビデオに登場!2018年7月22日から動画配信スタート。

VODでアニメ視聴する人のためのブログ「あにまんど」の管理人(@anime_VOD)です(`・ω・´)

2018年7月22日から、『ONE PIECE』のアニメ第1-130話までがAmazonプライムビデオで見放題となります!

名作のアラバスタ編までを一気に視聴することができるようになる。

リアルタイムでの視聴は、なんともう15年以上昔の話です。あの頃は週末の夜とかに放送やってましたよね。

あのときの感動に、もういちどあいに行こう。

追記(2018年8月)
2018年8月13日から、dアニメストア でもアニメ『ワンピース』の動画配信がスタートします(^^♪

↑詳細はこの記事の中盤で。

アラバスタ編までが見放題

ONE PIECEは既に800話以上ありますが、その中でも130話まで(アラバスタ編まで)が見放題の対象となります。

  • イーストブルー編
  • グランドライン突入編
  • チョッパー登場・冬島編
  • アラバスタ編

以上の4シリーズが見放題対象。ロビンが麦わら海賊団に加入するのがアラバスタ編の最終話ですよね。登録すればアラバスタ編までの130話分が見放題になります。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオのアニメってどうなの?

月400円(もしくは年3,900円)でプライム会員になると特典として「見放題」になるのが「Amazonプライムビデオ」です。

動画サービスって色々あるけど、その中でもAmazonプライムビデオのアニメは「意外とアリ」ですよ!

セイバー エクスカリバー意外と名作ぞろい!Amazonプライムビデオはアニメ見放題に使える

2018年春アニメで言えば「ヒナまつり」「ガンゲイル・オンライン」「フルメタル・パニック!IV」「ヲタクに恋は難しい」などが配信されています。

「ゆるキャン△」とか「BEATLESS」とかもあるし、十分アニメの動画配信サービスとして使えるレベル。


画像出典:Amazonプライムビデオ

プライム会員の特典は「プライムビデオ」だけではありません。

音楽、ストレージ、お急ぎ便、パントリー…といった特典を、すべてうけることができます。コストパフォーマンス抜群すぎ。

つまり「ワンピースを見るついでに、Amazonの送料が無料になったり、他のアニメの動画を見られたりする」ってことです。

だんご大家族【会員歴1年】Amazonプライム会員ってなに?って質問に答えます

アラバスタ編から先は個別課金

アラバスタ編から先は、Amazonプライムビデオでも、他のVODサービスでも「見放題」対象とはなっていません。


(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

シャボンディ諸島、ドレスローザ、魚人島、空島などのエピソードは、1話あたり100円ほど支払って視聴することになりますね。いわゆる「PPV(個別課金)」ってやつです。

知らなきゃ損!アニメ動画「都度課金(PPV)」と「見放題」の違いについて

dアニメストア他でも「ONE PIECE」の動画が配信中

『ワンピース』のアニメはAmazonプライムビデオ以外にも、動画の配信があります。

特に、2018年8月13日からはdアニメストアでも『ワンピース』の動画配信がついにスタートします!!

dアニメストアで配信されるのは、Amazonプライムビデオと同じように「アラバスタ編」までの130話です。

これらのサービスで「見放題」なのはアラバスタ編まで。そこから先はPPV(1話ごとの個別課金)での視聴となります。1話100円ぐらいですね。

個人的には早くアラバスタ編から先も「見放題」対象にしてほしいな…と思いますが、とにかくルフィたちが海賊の階段をかけあがるアラバスタ編までが、見放題になることを喜びたい!

アラバスタ編までの名シーン

ここからは、アラバスタ編の最終回までの130話の中で、個人的に印象に残ってる名場面を4つ挙げてみようと思います!!

ナギ

第36話:ナミとベルメールさんの絆

第36話は、ナミとベルメールの絆を感じさせる物語でした。

ワンピース ベルメール ナミ
立派な親だ (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

大人1人10万ベリー、子供1人5万ベリーを差し出せば命を救ってやる…というアーロン海賊団の触れ書きによって、お金を貢がなくてはならなくなったココヤシ村の人たち。

手持ちのお金はギリギリ10万ベリーほど。戸籍上登録されていないノジコとナミの存在を黙って隠し通して、ベルメールのぶん10万ベリーだけを差し出せば一家は全員救われるところだった。

しかし「私に娘はいない」「ノジコとナミは私の娘ではない」なんて言えなかったベルメールさん。命がかかるシーンであっても「親」であろうとしたベルメールさんにとって、これは必然の選択だったんだと思います。

私、家族がいないなんて言えないよ。たとえ、命を落としても。そりゃたしかに血のつながりはないけどさ、家族なんだ。口先だけでも親になりたいじゃない。あいつら、あたしの子でしょ。

引用元:アニメ第36話より

結局、手持ちの10万ベリーはナミとノジコの分としてアーロンたちに貢いだのでした。そして自分の分を払えなかったベルメールさんはその場で射殺。

ベルメール アーロン
これはキツい… (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ベルメールさんと、ナミやノジコとの絆を感じた回でもありました。ベルメールさんは「口先だけでも」なんて言ってたけど、ちゃーんと親になれてたよな…と思います。

ベルメールさんを演じた日高のり子さん、ノジコを演じた山崎和佳奈さん、そしてナミを演じた岡村明美さん…と、3人とも名演技でしたね。

ココヤシ村といえば、その次の37話で、ルフィがナミの入れ墨に傷をつけようとするのを制止したシーンも好き

第30話:サンジ「クソお世話になりました!」

第30話は、サンジが海上レストラン「バラティエ」を出て行くお話。そしてその別れのシーンはかなり印象的でしたね。

クソお世話になりました
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

オールブルーについて熱く語るサンジをみて、彼を旅立たせるべきだと感じたのが、「バラティエ」のボスであるゼフというおじさん(伝説の海賊)。

サンジはオールブルーへの憧れを持つ一方で、師匠であるゼフのもとを離れる決断もできないでいた状態。

そんな彼の気持ちに踏ん切りをつけさせるために、「おまえのスープはまずい」と演技した「バラティエ」のコックたちも粋なマネするよねえ。

彼らの言動に最初は腹を立てるサンジだけど、ゼフやコックたちの気持ちを知ったサンジはルフィについていくことを決意したのでした。めでたしめでたし。

…というところで終わらないのが、この『ワンピース』という作品のおもしろいところ。

風邪引くなよ
ゼフ「サンジ!風邪、ひくなよ」 (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

コックたちもサンジも、別れを惜しむことなくカッコつけて別れようとするんだけど、やっぱり最後は涙をこらえきれずに泣いちゃうんですよね…。

第24話:ゾロ対ミホーク、熱い戦い

第24話の「海賊狩りのゾロ」と「鷹の目ミホーク」の一戦も屈指の名シーンですよね。

ゾロは結果的にはほとんど何もできないまま完敗を喫したんだけど、ゾロの強い心はしっかりとミホークの心を揺さぶったようでした。

背中の傷は剣士の恥
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

奥義の「三千世界」すら通用せず。敗北を悟ったゾロは「背中の傷は、剣士の恥だ」とまで言ってのけた。剣士としての信念を体現していたのには本当に痺れました。

ゾロの腕前ではなくその「強き心」を評価したミホークは、ゾロを殺すことなく、将来また挑戦してくるように…と告げたあたりも胸熱展開。

我が名はジュラキュール・ミホーク!己を知り、世界を知り、強くなれ!俺はこの先幾年月でもこの最強の座にて貴様を待つ。この剣をこえてみよ、この俺をこえてみよ、ロロノア・ゾロ!!!

引用元:アニメ24話より

ミホーク
おじさんかっこよすぎ (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

激戦がアツい!とか、思わずウルっときた!とか、そういうインパクトのあるシーンではないんだけど、少年漫画的に今後の展開が楽しみになるようなエピソードでした。

第129話:ビビとの別れ

第129話では、しばらく旅をともにし、戦いをともにしてきたアラバスタ王国の王女ビビとの別れがありました。130話までの中だと、個人的にはこのエピソードが一番好きです。

わたしは一緒にはいけません。今まで本当にありがとう!冒険はまだしたいけど、わたしはやっぱりこの国を愛しているから!だからいけません。わたしは…わたしは……わたしは、ここに残るけど。いつかまた会えたら、もう一度「仲間」と呼んでくれますか!?

引用元:第129話より

ワンピース 仲間の印
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

海軍にビビとの繋がりを知られないために、ビビのスピーチの問いかけに対して麦わらの一味は「仲間の印」を掲げて応えたのでした!!


(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

長く激しく絶望的な戦いのアラバスタ編の最後に、こんなエピソードをもってくるなんて…。

泣いてまうわ

名シーンがたくさん

…などなど。今回Amazonプライムビデオでアラバスタ編までが見放題になると聞いて改めて何話か見返してみましたが、130話のなかで名シーンがたくさんありますね。

MEMO
イーストブルー編のストーリーが多くなってしまったんだけど、グランドラインに突入するあたりのワクワク感のあるストーリーや、チョッパーがヒルルクの桜を掲げるエピソードなんかも好きです。

名作は10年たっても名作。

あのころの感動を、もう一度!

以上「あにまんど」管理人、さかまた凪 でした。またね!

ナギ