もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

初見勢だが泣いた!Aqours 3rd ツアー 大阪2日目の感想【ラブライブ!サンシャイン!!】

こんにちは。

VODでアニメ視聴する人のためのブログ「あにまんど」の管理人(@anime_VOD)よ。

Aqours 3rd LoveLive! Tour 〜WONDERFUL STORIES〜 大阪公演の2日目に参加してきたので、感想を書かせてもらうわね。

アニメは大好きだったんだけど、Aqoursのライブに行くのは初めてだったのよ!とても素敵な時間を過ごすことができたわ。

まだライブに行ったことがないの?もったいないわ!今すぐ行くべきよ!!

アニメの世界にやってきた!?

スタートしてまず最初に驚いたのは「アニメ本編の映像に合わせて、演者がパフォーマンスをしている」ということね。衣装もアニメ通りだったわ。イメージ的にはこんな感じよ。

「ああ、本当にAqoursのライブに来ているんだ…」

「ラブライブの世界にやってきたんだ…」

そう感じたわ。

たとえば「MY舞☆TONIGHT」を披露しているときには、スクリーンには大きくアニメ映像が流れていて、その映像のとおりにキャストさんたちが歌っていたのよね。

ダイヤ役の小宮有紗さんの「魅せどころ」だったと思うわ。大好きよ。

MEMO
アニメの登場人物に、『ラブライブ!サンシャイン!!』という作品に、モブキャラとして登場した。そんな不思議な感覚に襲われたわ。

今まで、他のアニソンアーティストさんや声優さんたちのライブにも数十回足を運んでいるけれど、こんな感覚は初めてだったわね。

ステージの演者を見るべきか、スクリーンのアニメ映像を見るべきか、という贅沢な悩みがあったのよ。

他のラブライバーさんたちは、普段どうしているのかしら?気になるわね

構成が良すぎる

アニメ2期のストーリーに沿った展開でセットリストが構成されていたわ。開幕1曲目はもちろん第2期のOPである「未来の僕らは知ってるよ」だったのよね。

その後も、2期のストーリーを振り返るような形で編集された映像が流れ、それに関連した曲を歌う…という構成になっていたの。

MEMO
アニメ映像が流れる→関連曲を歌う→アニメ映像が流れる→関連曲を歌う→…

ただでさえ アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』って名場面が多かった じゃない!(伝われ

それをダイジェストで流してくれるだけでも十分に嬉しいのに、それに合わせて曲を選んで歌ってくれるなんて「約束された勝利」ってやつよね。

MIRACLE WAVE

たとえばライブの中盤では「MIRACLE WAVE」を歌うんだけど、その前に流れる映像は第6話のダイジェストだったのよ。

鞠莉が海に飛び込みながら、果南の放り投げたノートをキャッチしたシーンや…


©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

千歌ちゃんが何回も大技の練習に失敗するシーンの映像が流れたわ。

そんな映像に続いて「MIRACLE WAVE」が始まるの。

そして、伊波杏樹さんは本当にあのシーンのパフォーマンスをやりきったのよ!!!宙を舞う伊波さんは完全に千歌ちゃんだったわ…!!!!


©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

これを完成させるまですごくがんばったんだろうな…というのがしっかりと伝わってきました。素晴らしいわね。

正直言って、ここはボロ泣きポイントだったのよ…。

WATER BLUE NEW WORLD→青空Jumping Heart

ライブの最後は「WATER BLUE NEW WORLD」→「青空Jumping Heart」という並びだったわね。

アニメ2期の第12話では「WATER BLUE NEW WORLD」を披露し、続く第13話では同じステージ上で「青空Jumping Heart」を披露したAqoursだったんだけど、完全にあの再現をしてくれていたわ。



©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

さらにすごかったのは、「WATER BLUE NEW WORLD」のあとに新規映像があったことよ。

MEMO
ラブライブ決勝の舞台で「WATER BLUE NEW WORLD」を歌って優勝を決めたAqoursは、その興奮に冷めやらぬ中で喜びを分かち合い「やりきった!」と余韻に浸っていた。

みんなそれぞれの思いを熱く語っていた。そんな映像になっていたわね。

そんな新規映像に続いて「青空Jumping Heart」よ。しかもちゃんと第2期13話のOPと同じ映像だったわ。

わかるかしら!!?? この映像が流れたってことよ!!!!


©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

Aqoursがラブライブ決勝で優勝を果たした、あのアキバドームの会場。まさにいま自分がそこにいるような、そんな気分になったの。

もう涙が止まらなかったわ!!!

スポンサーリンク

トロッコが近い!!

ここまでは「アニメ」とのかかわりを主に書いてきたけれど、ライブ演出そのものもいいものだったわ。特にトロッコを使ってくれたのは最高だったわね!

ルビィちゃんのソロ曲では、なんとスタンド席にトロッコが登場したのよ!アリーナにトロッコが来ることはそこそこ多いけれど、スタンドに来るのは珍しいんじゃないかしら。

降幡愛さんは、歌いながら何度も「がんばルビィ」ポーズをしてくれていたし、至近距離で心を撃ち抜かれたオタクが続出したともっぱらの噂よ(

そのあと「待ってて愛のうた」ではアリーナ席にもトロッコが登場したわ。

私はアリーナ席のSブロックの2列目だったので、トロッコが目の前に来たのよ!

花丸役の高槻かなこさんや、鞠莉役の鈴木愛奈さんは手を振り返してくれて幸せだった…!!

それから、斉藤朱夏さんは間近で見てもとても可愛らしかったわね。バイタリティあふれるパフォーマンスも素晴らしかったです。

それから、アンコール後の「Landing Action Yeah!!」でも再びトロッコが登場したわ!

このときは、自分たちの目の前にトロッコが停車して、1年生トリオがすっごく仲良さそうに歌っていたのよ…。幸せすぎて卒倒するかと思ったわ(

だってもう、すぐそこにキャストさんたちがいるのよ!!手を伸ばせば届くんじゃないかって距離にいたんだからね!!!

なんならスパッツまでバッチリ目視できる距離だったわよ(ボソッ

ダイヤ様が好きなので赤を振っていたら、小宮有紗さんにめっちゃ気づいてもらえて嬉しかったわね。

Aqoursの音楽

私はμ’sのころからラブライブのお世話になってるんだけど、Aqoursを最初に聞いたときからユニゾンで歌うときの声が大好きなのよね!

μ’sは個性が各方面に強い感じだから、曲によってユニゾンが合う合わないがあるような気がしてるんだけど、Aqoursはユニットで歌ってるときの完成度がとっても高いように感じるわ。

それから「海」「夏」を全面に押し出したスタイルもなかなかいいわよね。 自分の周りにはあまりいないけれど、私は「Aqoursの音楽」が好きなのよ。

この公演を見て、Aqoursに感じたのは、μ’sから続くラブライブ!シリーズにおける音楽性の変化。秋葉原を舞台にし、ギターロックや四つ打ちのポップが多かったμ’sと比べ、内浦という海沿いの町を舞台にし、サーフミュージックやトロピカルミュージックなどを取り入れたAqoursの音楽性は、独自進化を遂げているといっていい。

引用元:『ラブライブ!』プロジェクトにおける、Aqoursの音楽的な“独自進化”ーー2ndライブを機に紐解く

ちなみに私の推し曲は「サンシャインぴっかぴか音頭」よw

恋になりたいAQUARIUM

そんなAqoursの中でも「盛り上がりがすごい」「定番曲」といえばこの曲じゃないかしら。

ミュージックビデオ見てもらえばわかると思うんだけど、終盤「マリンブルーなら〜〜〜」ってところでオレンジ色に転換するのよね(ここ好き)。

MEMO
そのMVにあわせて観客もペンライトをオレンジ色に変えていたのとかすごいと思ったわ!そういうの大好物よ。

いわゆる「コール」がすごく揃っていたことも「定番曲」であることを感じさせてくれたわね。

Saint Aqours Snow、登場!

もう1つ好きなのはSaint Snowとのコラボ曲ね。

サプライズゲストとして、Saint Snowの2人も登場してくれたわ!

『ラブライブ!サンシャイン!!』のアニメが、無印のときと大きく違うポイントの1つが「ライバルの地区予選敗退」だと思うんだけど、それを救済する形でライブをやった。

このあたりってルビィちゃんの株爆上げだったのよね。そのあたりも完全に再現してくれていて、キャスト間でもルビィとダイヤ、理亞と聖良の姉妹愛をすごく感じたわ。


©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

そのあとは、聖良さんと理亞ちゃんを演じる2人(田野アサミさんと佐藤日向さん)がMCをやってくれていたわね。

https://twitter.com/KitaharaTomoe/status/1008309969253425152

聖良役の田野アサミさんが「アリーナ〜〜〜!?」「スタンド〜〜〜!?」って煽ったので、そのあとお決まりパターンとして「大阪城ホール〜〜〜!?」って煽るのだろうと思ってたのよ。

そしたら「関係者席〜〜〜!?」「各セクションのスタッフのみなさ〜〜〜ん!?」って煽りを入れていて、それは初めてみたわね。斬新でよかったわ。

関係者席も、スタッフさんたちも、大きな声を出していてGJでしたb

演者さんの作品愛がすごい

Aqoursっていろんなバックグラウンドを持った、個性的なキャストさんたちが揃っているわよね。とても多様性に富んでいるわ。

そんなキャストさんたちと、スタッフさんたちが同じ方を向いて、みんな「いいものをつくりたい!」という気持ちを持ってやっているんだな…というのはすっごく伝わってきたわ。

キャラクターに対する愛も、作品に対する愛もすごかった。ライブ中にあるMCの時間は決して長くなかったけれど、そういう熱量はビンビン感じたわよ!

一部には「ラブライブの知名度でチヤホヤされてるだけ」「声優が前に出すぎ」とか言ってる人もいるけど、それがいかに的外れであるかをこの日実感したのよね。

その他

物販

物販は6時半過ぎに並んだら、もう朝からすごくたくさんの人が待機列にいて驚いたわ…。

公演2日目だったってこともあるかもしれないけれど、アームサポーターと缶バッジが自分の直後に売り切れてしまったのよね。

当日物販ガチ勢になるなら、ほぼ始発ぐらいで行かないと間に合わないかも。

待機列では『ラブライブ!サンシャイン!!』のアニメ2期を見たり、スクフェスでシャンシャンやったりしていたら、すぐに時間が来てくれたからよかったわ。

ラブライブ!サンシャイン!!【hulu】「ラブライブ!サンシャイン」2期動画の配信情報まとめてみた【dアニメストア】

個人的にはパンフレットがお気に入りよ。刺繍が入っている帽子なんかも、現物を見てみるとかなりよさげだったわ(予算の都合で購入を断念したけれどすごく欲しかった…)。

映像コーナー

クソコーナー(褒めてる)

へそちら、顔芸

「しゅかしゅーのへそちら」もよかったけど、腹筋もすごかったと思う(

あとこれめっちゃわらったwww

総括

はじめてのラブライブ!の現場でしたが、すっごく楽しかったです!

「席が良かった」というのもあるけれど、本当にラブライブの世界をたのしむことができたし、キャストさんたちの熱い思いとパフォーマンスに胸を打たれました。

叶うなら、ぜひまたライブに行きたいわね!

まだライブに行ったことがないあなた、この作品が好きならぜひ一度行ってみてほしいわ!!

以上「あにまんど」管理人でした。またね!