もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

【謎推し】『ヒナまつり』で、なまはげが登場するシーン全てまとめた

こんにちは。

VODでアニメ視聴する人のためのブログ「あにまんど」の管理人(@anime_VOD)よ。

アニメ『ヒナまつり』って、謎に「なまはげ」を推しているわよね。せっかくなので全部まとめてみちゃった。
MEMO
誰得ですか?
俺 得 で す

※ちなみに アニメ『ヒナまつり』はdアニメストア他で動画配信中 よ。

『ヒナまつり』のなまはげ

第1話:なまはげゴリ押し

第1話は怒涛の「なまはげ」攻撃だったわ…。

まず社会科では「なまはげは、その見た目から鬼と勘違いされることも多いのですが、本来は山の神の遣い…」と松谷先生が説明していたわね。


©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

英語科では、“NAMAHAGE” という表記が出てくるわね。例文を読んでみると「悪い子はいねえが〜〜!?」とか言ってるから、ちゃんとリアリティあるのがおもしろいわ。

MEMO
NAMAHAGE : I’m NAMAHAGE. Are you a lazy guy?

NAMAHAGE : Exactly! Nagugowa inegaaaaa!


©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

数学科では、平面図形の移動でなまはげの形をつくっていたわね。一応中学1年生の学習範囲に合わせているあたり、こだわりを持った作り込みを感じるわね(


©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

第3話:松谷先生の一問一答

松谷先生「大晦日に秋田県の一部地域で行われている民俗行事は」
瞳「なまはげです」


©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

普通の社会の授業中の光景

第1話でも「なまはげ」を学んでるのに、第3話でも「なまはげ」を学んでるって、授業の進度はいったいどうなってるの…!?

第4話:やきとり屋 なまはげ帝王

第4話で家出した先で出会ったバンド仲間と打ち上げをしていたお店が「なまはげ帝王」という焼き鳥屋さんだったのよね。


©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

よく見ると「きりたんぽ」とかも料理として出てくるらしいから、一応のリアリティは追求してくれていると思うわ。

第5話:社会科のプリント

松谷先生の指示で、瞳たちが運んでいたプリントが「なまはげの歴史」だったわね。


©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

第1話でも第3話でも「なまはげ」を学んでいるのに、第5話でも「なまはげ」を学んでいるって、授業の進度はいったい(ry

第7話:ヒナのストレス

いつも寝てばかりいることを先生に怒られているヒナは、そのストレスから瞳の腕に超能力を使うのよね。


©2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

瞳のノートにこんなものを書いていたわ。ヒナって意外と絵のセンスあるんじゃないかしら。

第8話:授業中…

先生「この英文は何を表していますか?三嶋さん」
瞳「なまはげです」
先生「なまはげですね」

黒板を見るとやっぱり “NAMAHAGE” の文字が…(

第9話:なまはげ総合病院

第9話で組長が入院していたのは「なまはげ総合病院」だったわ。

夜中になるとなまはげが現れたりするのかしら。ちょっと入院したくないわね。

第10話以降

あればまた追記します!

スポンサーリンク

まとめ

以上、アニメ『ヒナまつり』の謎のなまはげ推しについてまとめてみたわ。

このゴリ押しのおもしろさは「ツッコミ不在」というところにあると思うのよね。

なまはげ推しに、作中で誰も何も突っ込まないという点が、さらにおもしろいと思えるポイントになってるんじゃないかしら。

ちなみに過去にはこんなのを書いたこともあったわよ。

誰得!?『ヒナまつり』でヒナが着ているTシャツを全てまとめてみた

※ちなみにアニメ『ヒナまつり』はdアニメストア他で動画配信中よ。よかったら再視聴してみたらどうかしら?

ヒナまつり Tシャツ『ヒナまつり』がdアニメストア、huluほかで動画見逃し配信中!dTVチャンネルなら地上波先行配信あり。

VODでアニメ見ようぜ!

当ブログ「あにまんど速報」は、VOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴する人のためのブログよ。

あにまんど管理人は、TVリアルタイム視聴、地上波録画を捨てて、ネット配信のVOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴するスタイルにチェンジしたわ。

十分すぎるほどアニメを楽しめているわよ♪
もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

以上「あにまんど」管理人でした!またね!