もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

『はたらく細胞』8話、用語の字幕解説だけまとめてみたよー【肺動脈、下大静脈、右心房】

はたらく細胞 肺動脈

みなさん、オルカーー!!

アニメをネット配信動画(VOD)で見る人のための情報サイト「あにまんど速報」の管理人、さかまた凪(@anime_VOD)よ。

ナギって呼んでね!

ナギ

アニメ『はたらく細胞』は細胞を擬人化し、人体を1つの世界(ミクロコスモス)として捉えつつ、人体の仕組みをゆる〜く楽しむことができる作品です。

もちろんですが、その中には細胞、細菌、人体に関連する語句がたくさん登場します。重要語句の字幕解説は、能登麻美子さんのナレーションつきなのもいいですよね。

今回は、第8話に登場したテロップをまとめてみました!

用語テロップまとめ

赤血球

血液循環によって酸素と二酸化炭素を運搬する。

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

本日の主人公ちゃん。

溶血

赤血球が破壊される現象。
はたらく細胞 溶血
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

第1話でもでてきましたが、赤血球が破壊されることを「溶血」って言ったりするらしいです。

この子、いつ見ても襲われてるわよね

白血球(好中球)

外部から体内に侵入した細菌やウイルスなど異物の排除が主な仕事。好中球は血液中の白血球の半数以上を占める。

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

いつもの説明。

ちなみに、今回の白血球さんは赤血球のサポートします。今回の影のMVPでしたw

血小板

血液に含まれる細胞成分の一種。血管が損傷した時に集合して、その傷口をふさぎ止血する。

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

血小板ちゃん、癒やし。

ブドウ糖

グルコースとも呼ばれる。赤血球は糖が好き。赤血球は白血球と違って、ミトコンドリアを持たない細胞なので、グルコースのみがエネルギーとなる。
はたらく細胞 グルコース ブドウ糖
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

今回は「ご褒美」的なアイスクリームも封印して、鋼の意志で体循環をやろうと決心した赤血球ちゃんでした。

「赤血球は甘いもの(ブドウ糖・グルコース)が好き」というのを、アイスクリームで表現するセンス、好きです。

静脈弁

血液の逆流を防ぐ。静脈を流れる血液を心臓行きの一方通行にしている。

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

このあと静脈弁を逆走して、めっちゃ怒られる赤血球さんなのでした…(完)

下大静脈

ヒトの体の中で一番大きな静脈。下半身などからの血液を集め、心臓の右心房に送っている。
はたらく細胞 下大静脈
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

とりあえず道がめっちゃ広かったから、血液の量が多いんだなってことはよくわかったw

下大静脈は心臓に向かって、足から頭の方向にあがっていきます。このことを、赤血球さんたちは「上り坂」って言ってましたね。

肺循環と体循環

肺循環と体循環
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

ここからは、肺循環と体循環です。

はたらく細胞 右心室 右心房
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

右心房→右心室→肺動脈


©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

そこで酸素を受け取る

はたらく細胞 左心室 左心房
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

左心房→左心室→大動脈


©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

毛細血管を通って細胞に酸素と栄養分を渡し、二酸化炭素を受け取る

…そして二酸化炭素を再び肺まで戻してくる。という一連の流れが、体循環です!

心臓

全体が筋肉でできた器官。静脈から戻ってきた血液を動脈に押し出すポンプの役目を担っている。その動きは、1日におよそ10万回繰り返されている。
はたらく細胞 心臓
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

鶏肉の心臓とか食べるとわかりますが、心臓って全体が筋肉で出来てるんですよね〜〜。

がんばって動いてくれ〜〜〜。

右心房

上下の大静脈から静脈血を受け、右心室へ送る。
はたらく細胞 右心房
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

なるほど、わからん

三尖弁

心臓の右心房と右心室の間にある三枚の弁。心臓が収縮する時は、右心室へ血液を流し拡張の際は右心房への血液の逆流を防ぐ。
はたらく細胞 三尖弁
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

赤血球さんたちで、大混雑ですね…

右心室

二酸化炭素を多く含んだ静脈血になっている。
はたらく細胞 右心室
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

右心室から肺へ静脈が送られると、ようやく二酸化炭素が交換されるわけですね。

肺動脈

静脈血を肺に送る動脈。
はたらく細胞 肺動脈
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

肺「動脈」だけど、流れてるのは「静脈」血ですw

わたしはシャチだから知らないけど、ヒトはこのことを中学校の理科で習うらしいわね

ナギ

二酸化炭素を捨て、酸素を受け取る器官。
はたらく細胞 肺
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

呼吸するところ!

全身を巡って、細胞から受け取った二酸化炭素を、ここで酸素と交換します。

ちなみに現在地はここ。ここからはピンク色の「動脈血」を、全身に送ります。


©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

色が変わるとわかりやすいわね

ナギ

肺静脈

酸素を多く含んだ血液が流れている。
はたらく細胞 肺静脈
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

いよいよ、酸素を全身に送るお仕事が始まります。

大動脈

大動脈から、それぞれに分岐した動脈を通り、全身の毛細血管へと流れる。
はたらく細胞 大動脈
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

心臓のポンプのお陰で、血液の流れはめっちゃみたいですね。

画像から伝わるかわからないけど、「ムービングウォーク」みたいな高速で移動する床に乗って、赤血球さんたちが移動しているのがわかります。

毛細血管

細胞に酸素と養分を渡し、二酸化炭素などの不要物を受け取る。
はたらく細胞 毛細血管
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

第1話で、赤血球さんが襲われたところだ…

キラーT細胞(細胞傷害性T細胞)

ヘルパーT細胞の命令によって出動する。ウイルス感染細胞、癌細胞などの異物を認識して破壊する殺し屋。

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

いつもの脳筋

スポンサーリンク

おまけ


©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

なんだこれwwwww

『はたらく細胞』を再視聴したいなら…

アニメ『はたらく細胞』の動画配信は、dアニメストアやhuluなどでありますよ!

詳細は以下の記事にて↓↓

はたらく細胞 『はたらく細胞』はdアニメストア、huluなどで動画配信あり。見逃したらVOD!

再放送を待ってもいいけど、こういうVOD(動画配信サービス)を使うと、いいかもしれませんね。

以上「あにまんど速報」管理人の、さかまた凪でした。またね〜。

ナギ