もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

『はたらく細胞』5話にでてくる用語字幕解説を、全部まとめたよ〜【ステロイド、肥満細胞、ヒスタミン】

はたらく細胞 ステロイド

みなさん、オルカーー!!

アニメをVODで見る人のためのブログ「あにまんど速報」の管理人、さかまた凪(@anime_VOD)よ。

ナギって呼んでね!

ナギ

人間の体を舞台にして繰り広げられるアニメ『はたらく細胞』には、人体に関するさまざまな用語が登場します。

でも、用語解説のテロップって、意外と早く消えちゃうから「なんて書いてあったの?」ってわからないこともしばしば。

ということで、『はたらく細胞』第5話に登場する用語解説の字幕テロップをまとめてみましたよ♪

第4話のまとめはこちらから。

はたらく細胞 好酸球『はたらく細胞』4話の、字幕解説を全部まとめるぞい!【好酸球、好塩基球、アニサキス】

第5話「スギ花粉アレルギー」用語字幕解説

スギ花粉のアレルゲン

アレルギーとは、免疫反応が特定の原因物質に対して過剰に起こること。

はたらく細胞 スギ花粉のアレルゲン
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

今回、アレルギー症状を引き起こすのは、スギ花粉さんでした。

細胞と比べると花粉ってすごく大きいんだなってことが、アニメの描写からは伝わってきますね。

体の外から目の粘膜への付着を「隕石」みたいな落下物にたとえるセンスは、嫌いじゃないw

第5話のテーマは「スギ花粉アレルギー」だったけど、あれってキツい人には本当にキツいらしいわね…

ナギ

赤血球・白血球(好中球)



©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

いつものコンビ。

ピンチになったら駆けつける!それが好中球さんだ!!

食作用

食細胞と呼ばれる単球やマクロファージ、白血球(好中球)等が細菌や異物を細胞内に取り込み、分解すること。貪食ともいう。

はたらく細胞 食作用
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

赤血球「えーと、それ、一体何なんです?」
白血球「こいつか、さあ?とにかく食えばわかる!!」ムシャムシャ

よくネタになる、名探偵コナンの「ペロッ…これは!青酸カリ!!!」を思い出しますw

貪食は第4話でも登場しましたね。「貪食作用」としてチラッとでてきていました。好酸球が「弱い」みたいな扱いを受けてるのは、好酸球の貪食作用が強くないから、だそう。

記憶細胞

抗原の免疫を記憶しているリンパ球。同じ細菌やウイルスの再度の侵入に備えている。

はたらく細胞 記憶細胞
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

見た目も名前も違うので、メモリーT細胞とは違うっぽいですね。

第3話では、メモリーT細胞は攻撃をするため備えている的な説明だったけど、この第5話で登場した記憶細胞さんは抗原の免疫を記憶しているというところが違いなのかもしれません。

記憶細胞さんが「いいつたえメモ」なるノートを持っていたのはちょっとおもしろかったw

はたらく細胞 いいつたえメモ
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

B細胞

抗体産生細胞とも呼ばれている。細菌やウイルスなどの抗原に対し、抗体という武器を作り戦うリンパ球の一種。

はたらく細胞 B細胞
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

インフルエンザウイルスと戦うときにも大活躍したB細胞さん!

今回も抗体を作ってスギ花粉のアレルゲンと戦っています!!ただ、今回はこの人の抗体が引き金になって、エラいことになるんですが…\(^o^)/

マスト細胞「B細胞はバカのB」

lgE抗体

アレルゲンに対抗するべく、ヘルパーT細胞の命令により、B細胞が作り出す抗体。

はたらく細胞 lgE抗体
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

相変わらずB細胞さんはめっちゃ強い!!

ヘルパーT細胞さんはB細胞のことを「切り札」って言ってたし、lgE抗体をつくる指示を出したのもヘルパーT細胞だということがよく分かるようになっています。

マスト細胞

肥満細胞とも呼ばれている。過剰につくられた lgE の刺激に反応してヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質を分泌する。肥満細胞と言っても肥満とは関係ない。

はたらく細胞 肥満細胞
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

肥満細胞と言っても肥満とは関係ない(重要)

第4話に引き続き登場したマスト細胞さん!

本人は「肥満細胞」という呼び名を気にしているらしく、B細胞に「肥満細胞」と呼ばれるとめっちゃ怒ってましたねw

彼女も「ヒスタミン取り扱いマニュアル」にしたがって行動していたんだけど、それゆえに大災害を招くことに…\(^o^)/

ヒスタミン

異物や組織の損傷を認識したマスト細胞(肥満細胞)などから分泌される化学伝達物質。

はたらく細胞 ヒスタミン
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

第4話でも登場したヒスタミン。ではここで、第4話のヒスタミンと比べてみましょう。

はたらく細胞 ヒスタミン©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

別物すぎるwwww

ヒスタミンどう考えても出しすぎでしたね。。

ヒスタミンの働き

ヒスタミンは、血管内皮細胞の間隔を広げ、白血球達の遊走性を高める働きがある。

はたらく細胞 ヒスタミンのはたらき
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

白血球たちの遊走性を高めるはたらきがあるということは、免疫体系の一翼を担っているってことですよね(遊走については第1話を参照)。

大洪水になるほどでなければ、ヒスタミンも体にとって必要な存在ってことだと思います。

緊急用免疫システム=ヒスタミンによるアレルギー反応

ヒスタミンが活性化されすぎると、発赤・かゆみ・浮腫・痛み・気管支収縮などのアレルギー反応を起こす。

はたらく細胞 緊急用免疫システム=ヒスタミンによるアレルギー反応
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

言い伝えにあった「大噴火」「大洪水」「地殻変動」は、このアレルギー反応だった!ということがわかります。

わたし、花粉症じゃなくてよかったって、つくづく思うわ

ナギ

くしゃみ

ヒスタミンが鼻の粘膜にある知覚神経を刺激する。この刺激がくしゃみ中枢に達すると、くしゃみが連発してしまう。

はたらく細胞 大噴火
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

大 噴 火

鼻づまり

ヒスタミンが鼻の粘膜にある血管に作用して、炎症などを引き起こす。その結果、鼻の粘膜が腫れてむくみ、鼻づまりが起こる。

はたらく細胞 鼻づまり
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

地 殻 変 動

ヒスタミンが目の知覚神経などを刺激して、充血やかゆみなどの炎症を引き起こす。涙も必要以上に出る。

はたらく細胞 涙
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

大 洪 水

スギ花粉アレルギー

スギ花粉が抗原(アレルゲン)となって起きる”くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ”などのアレルギー症状。

はたらく細胞 スギ花粉アレルギー
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

この世の終わりみたいな絵面になってるww

ステロイド

副腎皮質ホルモンとも呼ばれている。強力な抗炎症作用と免疫抑制作用を持つ薬剤。ヒスタミンによって起こった諸症状やアレルギー反応そのものを強力に抑える。

はたらく細胞 ステロイド
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

最後の最後、スギ花粉アレルギーを沈静化したのはステロイドでしたね。

つまり細胞のはたらきだけじゃなくて、人間が体外から摂取した薬でした。その効き目の絶大さは、ステロイド先輩の暴走を見ればよくわかるでしょう。

味方の細胞でも容赦なく撃ちまくっててめっちゃ笑いましたwww

ステロイドの副作用

ステロイドの長期投与や大量投与により副作用が起こる場合もある。用法・容量を守ることが大切。

はたらく細胞 ステロイドの副作用
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

なんだ、この世の終わりみたいな荒廃した世界は…(驚)

ステロイドってドーピングとかでもよく聞くよね。

ステロイドの効き目はすごいけど、使いすぎると体の中の細胞さんたちが大変だということは、今回のアニメでよーーくわかりました。

スポンサーリンク

第5話の感想

白血球さんが言ってたとおり、細胞さんたちはそれぞれが自らの職責を全うしたんです。

にもかかわらず、こういう大災害がおこってしまった。

人間の体も、なかなかうまくいかないものなのですね。ちょっと考えさせられる回でもありましたw

『はたらく細胞』を見直したくなったら…

アニメ『はたらく細胞』は、dアニメストアほかで動画配信中です!

はたらく細胞『はたらく細胞』はdアニメストア、huluなどで動画配信あり。見逃したらVOD!

見直してみたくなったら、こういうVOD(動画配信サービス)を使うといいですよ♪

以上「あにまんど速報」管理人の、さかまた凪でした。またね!

ナギ