もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

『はたらく細胞』2話、用語の字幕解説(+α)まとめてみた【好中球、フィブリン、黄色ブドウ球菌】

はたらく細胞 黄色ブドウ球菌

みなさん、オルカーー!!

バーチャルブロガー(電脳パーソナリティ)の、さかまた凪(@anime_VOD)よ。ナギって呼んでね!

ある人間の体を舞台にして繰り広げられるアニメ『はたらく細胞』には、人体に関するさまざまな用語が登場します。

そうした用語の解説字幕は、意外と早く流れてしまうので、アニメを見ていて「いま、なんて書いてあったの?」って気になることもありましたw

そこで!アニメ『はたらく細胞』に登場する用語解説の字幕をまとめてみました!今回は第2話に登場したものです。第1話はこちら。

はたらく細胞 血小板『はたらく細胞』1話、用語の字幕解説だけまとめてみたよー【白血球、赤血球、血小板、レセプター】

第2話「すり傷」 用語テロップ

赤血球

はたらく細胞 すり傷
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

血液循環によって酸素と二酸化炭素を体中に運搬する。

第1話の内容とは、微妙に解説の言い回しも変わっています。キチンと場面に合うように作られているんですね〜。

血小板

はたらく細胞 血小板
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

血液に含まれる細胞成分の一種。血管が損傷した時に集合して、その傷口をふさぎ止血する。

第2話で大活躍した血小板ちゃん。こちらも第1話の内容とは言い回しが違う。

第2話では、彼女たちの活躍を、事前にこの字幕で予告してくれていました。

白血球(好中球)

はたらく細胞 好中球
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

外部から体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物の排除が主な仕事。白血球は L-セレクチン という接着分子を持っているので、血管内皮細胞にくっつくことができる。

いつも赤血球のピンチに駆けつけてくれる白血球さん!

今回のメインテーマは「すり傷」でした。 血管の外に白血球が漏れ出さないための機能を、字幕で紹介してくれていましたね。

すり傷(擦過傷)


©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

すりむいてできた傷。表皮のレベルまでしか達していないものを指す。

「なーんだ、すり傷か」と侮ることなかれ。現場レベル(赤血球たちの細胞目線)では、大災害になっていることがよくわかりますw

黄色ブドウ球菌

はたらく細胞 黄色ブドウ球菌
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

皮膚や毛穴などに常在する細菌。毒性が高く、創傷部(傷口)などから体内に侵入した場合、表皮の感染症や食中毒、肺炎、髄膜炎、敗血症などを引き起こすことがある。

ちゃんとブドウ球菌の原型をとどめた擬人化になっているのがいいですね。

黄色ブドウ球菌を演じる声優さんは、中原麻衣さんでした。 「やっておしまい!」など、貫禄のある悪役っぽい言葉も、イヤミがない。かっこいい。

血管収縮

はたらく細胞 血管収縮
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

傷ついた血管は、収縮することで血液の流出速度を下げようとする。

「血液の流出速度を低下のために、血管を収縮させる」というのは知りませんでした。

それにしても、これを「交通渋滞」にたとえるセンスは好きすぎるwww

化膿レンサ球菌

はたらく細胞 化膿レンサ球菌
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

咽頭、消化器、皮膚などに生息する、ごくありふれた常在菌の一種だが多様な疾患の原因となることがある。

こんなのが皮膚に常在しているのか…(驚)

化膿レンサ球菌を演じる声優さんは、松風雅也さんでした。 松風さんも「悪役ポジ」って感じのキャラが多いですよね。

緑膿菌

はたらく細胞 緑膿菌
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

自然環境中に存在する代表的な常在菌の一種。緑膿菌感染症の原因となる。

キモい(キモい)

静脈弁

はたらく細胞 静脈弁
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

血液の逆流を防ぐ。静脈を流れる血液を心臓行きの一方通行にしている。

第1話では「改札」にたとえられていた静脈弁。

今回は、大量の赤血球の逆流を防ぐため…という役割を明示するためか、改札ではなくて飛行機ターミナルの搭乗口にたとえられていました。

L-セレクチン

はたらく細胞 L-セレクチン
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

白血球と血管内皮細胞との接着に関与する糖タンパク質の一種。

「L-セレクチンつけとけ!」と言われていた白血球は4989番でした。

これがあると、白血球が血管から体外に流出するリスクが少なくなる…という風に理解しました(違ってたら指摘お願いします)。

GP1b

はたらく細胞 GP1b
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

血管壁が損傷した際、フォン・ヴィレブランド因子を介して血小板がつながれ、血管内皮細胞化組織に粘着する。

なるほど、わからん

「GP1bとかを使って、飛ばされないようにすること!」と言っていました。

白血球にとってのL-セレクチンのように、血管の外に流出しないための役割を果たしてくれていると理解しています(違ってたらry

凝固因子

はたらく細胞 凝固因子
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

血液を凝固させるのに必要な因子。

その名の通り!

血液が凝固しないと、いつまでたっても血が流れ続けるから、凝固がすごく大事な要素だってことがわかります。

フィブリン

はたらく細胞 フィブリン
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

血液の凝固に関わるタンパク質。

名前が美味しそう(何が

血栓

はたらく細胞 血栓
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

フォン・ヴィレブランド因子という接着剤の役割を持つタンパク質により、活性化した血小板どうしが凝集して、傷口をふさぐ。その後、血液中の凝固因子と呼ばれるタンパク質が働き、最終的にはフィブリンの網の膜が血小板血栓の全体を覆い固める。

フィブリン、凝固因子などをもとに血栓を作っていることが、第2話ではよくわかりました。

血が流れ出るのを防いでくれると同時に、外から菌が侵入してくるのも防いでくれる。血小板さん、めっちゃ有能だった。。

この場面で流れている「いちに!いちにさん!」というBGMも好き。

調べてみたら「ちっちゃくてがんばりやさん」というタイトルで、サントラに収録されていましたw


はたらく細胞 Original Soundtrack

スポンサーリンク

おまけ

赤血球や白血球を動員して、二次血栓を作成。わたしたちがよく知っているものなります。

はたらく細胞 かさぶた
©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

血小板「この血栓が乾燥すると、かさぶたになるのです!」

乾燥しかけている「かさぶた」をイジるのは、もうやめようと心に誓ったわ…

ナギ

『はたらく細胞』を見直したくなったら…

アニメ『はたらく細胞』はdアニメストアほかで動画配信中です!

はたらく細胞『はたらく細胞』はdアニメストア、huluなどで動画配信あり。見逃したらVOD!

見直してみたくなったら、こういうVOD(動画配信サービス)を使うといいですよ♪

もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは
以上「あにまんど速報」管理人の、さかまた凪でした。またね!

ナギ