もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

ありがとうライデンフィルム!アニメ『はねバド!』1話が神回だった

みなさん、オルカーー!!

アニメをVODで視聴するバーチャルブロガー、あにまんど速報の管理人(@anime_VOD)よ。

国内初のバドミントンアニメ『はねバド!』の第1話を視聴したわ。もともと原作から好きだったんだけど、かなりおもしろかったわね!

わたしが感想を書いても良かったんだけど、なんと現役のバドミントン指導者でWebライターもやっている人に、アニメ『はねバド!』の感想を寄稿してもらえることになったのよ!

じゃあ、あとはよろしくね〜〜

管理人

よしろー

よろしくお願いします!

1話「スッゴい才能!」感想

というわけでバトンタッチしました、ライターのよしろー(@shuttle_circle)です。

この記事ではアニメ『はねバド!』1話の感想を、3つの視点から書かせてもらいますね。

  1. バドミントン経験者の視点
  2. 原作コミックス『はねバド!』ファンとしての視点
  3. アニメ好きとしての視点

ちなみに原作は全巻持ってますw

現役バドミントン指導者が語るアニメの感想

バドミントン歴は13年、現在もローカル大会に出たりしながら、バドミントンに携わる仕事をしています。

そんなバドミントン関係者の自分から見て、この『はねバド!』というアニメは見事にバドミントンの動作を忠実にアニメの映像に落とし込んでくれていました!


©2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

バドミントンというスポーツはかなり細かい動きがあったり、スピード感があったりして、アニメにするのがとても難しいスポーツなんですよ。

競技としてのバドミントンも、アニメの制作工程も、両方知っているからこそよくわかります。ラリーのシーンなんかはよくぞやってくれた!という感じ。

制作スタッフさんが「バドミントン経験者の人間から見てもこの再現度合いは驚異的だと思います」と言っているけれど、まさにそのとおりでしたね!

よしろー

ロブの上げ方とか、フォア奥の入り方とか、マジでよく出来てる

あと個人的には、踏ん張って汗が飛ぶシーンとかも好き。あーあるある!って感じ(夏場のバドミントンはキツい)。


©2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

対談もアツい!

実は第1話の放送時には、原作の編集者さんと東宝アニメーション『はねバド!』担当者さんによる、公式ツイッター同士の対談があったんですよ!

どうやらアニメーション制作会社のライデンフィルムには、新家さんというバドミントン経験者がおられるよう。この人がアニメーションプロデューサーになっていましたね。

それから、TOHO animationの担当者である細井さんも「この作品をアニメにしたい!」という強い思いを持っていたことがわかります。転職の1つの動機になったってすごい話やわ…。

そして、その2人と監督の江崎さんの3人で、2015年の京都インターハイを見に行ったんだそう!山口茜選手の3連覇も目撃したようで…うらやましい。

こうして愛のあるスタッフさんたちに恵まれた作品であるから、この先も必ずいいアニメになります。間違いないです!

上記のツイートを含む、第1話の対談は以下からどうぞ。

好きだったマンガがアニメになる、という喜び

さて、原作から応援していた作品がアニメになっているのを見る瞬間、第1話の映像が流れ始めたあの瞬間って感慨深いものがありますよね。こればっかりは何回経験してもいいものです。

そしてOP映像を見たときには鳥肌が止まりませんでした。アニメ本編とは違うタッチの映像でめっちゃかっこいい!!!

オープニングアニメーションのディレクターをつとめたのは吉邉尚希さん。『ジョジョの奇妙な冒険』の印象的なOPを手掛けたのもこの人だったそうですね。すごい…!!

しかもOPテーマ曲を担当するのは、YURiKAさん。アニメ『宝石の国』では、作品の世界観に合わせて『鏡面の波』という無機質でどこか神秘的なテーマ曲を歌っていた。

でもアニメ『はねバド!』となると、こんなテーマ曲を歌うんですよね…!すっごく爽やか!!

作曲がいきものがかりの水野良樹さんだったことにも驚きました。

体育館での練習シーンでは、風と光が入ってこないようにちゃんとカーテンを締め切ってるのがいいですね。そして苦し紛れにドアだけ開けてるあの感じ、めっちゃわかるww

はねバド 体育館
©2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

アニメオリジナル展開が良改変だった

ぼくは原作を読んでいるからわかるんだけど、『はねバド!』第1話はかなりアニメオリジナルの展開になっていましたよ。

この先のストーリーを知っているからこそ「うまく繋げたなー!」という印象を受けました。

『はねバド!』の原作って序盤は「可愛い女の子がゆったりほのぼのバドミントンをやっているよ〜」という作風なんだけど、途中でガチガチの競技路線な作風へと大きく舵を切るんですよ。

第1巻 第12巻

最初とぜんぜん違うwww

実は原作の第3巻ぐらいからすでに競技モードに切り替わっていっており、作品のほとんどが「本格バドミントンマンガ」なんです。

MEMO
もし、第1話を原作通りに「ゆったりほのぼの」展開でアニメを作ったら、視聴者が『はねバド!』の魅力を誤解してしまうかもしれない。

…というわけで、いっそのことアニメオリジナルの展開として、第1話からガチガチ王道のスポーツアニメにしていったんだろうな…と感じました。

それから外部コーチとして北小町高校にやってきた立花健太郎の暴走ではなくて、3年生である荒垣なぎさの暴走で、バドミントン部の部員が大幅に減ったのでした。

とはいえ、ちゃんと「さすさす」があったのは笑ったww

はねバド さすさす
「さすさす」するなー!! ©2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

ほかにも、冒頭のJOC(全日本ジュニア)では主人公の羽咲綾乃とライバルの荒垣なぎさとが対戦しているんだけど、原作ではこのとき綾乃の名字はまだ「神藤」だったはず。何か意図があってのことでしょう。

近年「アニメは原作に忠実にやるべきだ」という風潮があるけれど、こういうオリジナル展開なら大歓迎です。

テニスコートで綾乃がエレナをまもるところとか、アニメオリジナルな展開だけど大いにアリ!(ちなみに西園寺先輩もアニメオリジナルキャラです)


©2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

※ちなみに、バドミントンプレーヤーがテニスをやると、だいたい振りすぎてうまくいかないんですよw

よしろー

バドミントン関係者のぼくが言うとあんまり説得力ないかもしれないんだけど、アニメ『はねバド!』は夏アニメで最もオススメできる作品です!

第1話を見て確信しましたが、テーマがはっきりしているし、展開としてもわかりやすい。そして愛もお金もしっかりと注がれている。良作間違いなしです。

わたしとしてもおすすめできるわよ、今後の展開に期待していいと断言しておくわ

管理人

バドミントン界で盛り上げよう!

普段はアニメとかあんまり見ないよ、興味ないよって人でも、バドミントン関係者ならぜひとも『はねバド!』を見てほしいですね。

業界の全面協力に支えられていると言っても過言ではない。第1話のエンディングクレジットを見てみましょう。

名前
取材協力 公益財団法人日本バドミントン協会、ヨネックス、ミズノ株式会社、ゴーセン、薫風スポーツ、再春館製薬所バドミントン部、慶應義塾大学バドミントン部、埼玉栄高等学校バドミントン部、甲斐清和高等学校バドミントン部
撮影協力 仲井由希乃、小野菜保、中村梨沙、石井暢、上村聡

日本バドミントン協会、メーカー最大手のヨネックス、強豪の再春館製薬所、天下の埼玉栄高校、そして選手では仲井さんまで撮影協力に入ってる。大正義すぎるやろ…!!

というわけで、バドミントン関係者全員でこの『はねバド!』を盛り上げていきたいよね。

いちバドミントンファンとしてできることは「アニメを見る」こと、そして「おもしろければ拡散すること」の2つだと思います。

バドミントンの人気を高めるために、バドミントンの競技人口を増やすために必要なことの1つは、誰もが知ってるアニメ・マンガの存在なんですよ。

  • 野球といえば『メジャー』『ダイヤのA』
  • バレーボールといえば『ハイキュー!』
  • バスケットボールといえば『スラムダンク』『黒子のバスケ』
  • テニスといえば『テニスの王子様』『ベイビーステップ』

…のように王道のマンガ、王道のアニメがあることは、今後の競技普及のためにも絶対に必要なことだと思っています。

そして『はねバド!』はアニメ・原作コミックスともにそれに相応しいおもしろさを備えた作品であると断言できます。第2話からも楽しみで仕方ない!!!

ありがとう、ライデンフィルム!!!

よしろー

…ぼくの出番はここまでなので、バトンタッチします
ありがとう、第2話からもよろしくね

管理人

スポンサーリンク

VODでアニメ見ようぜ!

当ブログ「あにまんど速報」は、VOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴する人のためのブログよ。

アニメ『はねバド!』の動画は、dアニメストアやAmazonプライムビデオで見逃し配信中よ。ぜひとも見てほしいわね。

あにまんど管理人は、TVリアルタイム視聴、地上波録画を捨てて、ネット配信のVOD(ビデオオンデマンド)でアニメを視聴するスタイルにチェンジしたわ。

十分すぎるほどアニメを楽しめているわよ♪
もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

以上「あにまんど」管理人でした!またね!