もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

【愛用歴4年が語る】dアニメストアの評価と感想、こってりレビュー!

みなさん、オルカーー!!

アニメをVODで視聴するバーチャルブロガー、あにまんど速報の管理人(@anime_VOD)よ。

VOD(インターネット動画配信サービス)でアニメを見るとき、定番のサービスの1つが dアニメストアじゃないかしら。

定番であるがゆえに、インターネット上に dアニメストアについて書かれたレビューや紹介記事を見つけることはそう難しくはないわ。

けれど、dアニメストア愛用歴4年のわたしから見ると「違う、そうじゃない」って歯がゆい思いをするような記事がたくさんあるのよね。。

MEMO
「そんなの、公式サイト見たらわかるわ!」って情報しか掲載されていなかったり、「明らかにエア登録じゃない?」ってぐらいでたらめな記事だったり。もうウンザリするのよ…。

そこで、この記事ではリアルな体験談として、dアニメストアのメリットとデメリットを約7,000字のボリュームで書いていこうと思う。

どこよりも濃いレビュー…かどうかはわからないけれど、どこよりも正直なレビューである自負はあるわ!

登録するかどうか悩んでる人は、これを読んで最終決定を下してほしいわね。

dアニメストアのメリット

メリット、あるいは使ってて「これはいいな!」と思ったところをまず列挙していきますね。

アニメ専門のサービスである

dアニメストア はアニメ専門の動画配信サービスなのよ。もうね、この1点が何より大きいわ!

Amazonプライムビデオ、hulu、Netflix、U-NEXT…などなど、動画を見ることのできるサービス(VOD)は確かにたくさんあるわよ。

でも、これらの動画配信サービスにとってアニメの配信は「おまけ」みたいなものにすぎないの。だってアニメ専門のサービスではないもの。

餅は餅屋。アニメ好きのために設計されたサービスはやっぱり一味違うのよ。

メイン画面をパッと見るだけでも、アニメが好きな人のために設計されているってことがよくわかるんじゃないかしら。

MEMO
たとえば「今期、どんなアニメが配信されてるかな〜」と思ったとき、一覧にしてまとめてくれているのは、わたしの知る限りdアニメストアとバンダイチャンネルぐらいのものね。


画像出典:dアニメストア

この程度のことって、アニメ好きの人にしてみれば「基本中の基本」というか、誰でも浮かぶような発想だと思うんだけど、こういうことをやってくれているVODサービスはなかなかないのよね。

見放題対象の本数が多い

dアニメストアで「見放題」となっているアニメの配信本数は、他のVODサービスの追随をゆるさないほど圧倒的だったわ。

アニメ見放題の動画配信数をしらべてみたことがあったから、その調査結果をまとめておくわね。

本数
dアニメストア 2,509
プライムビデオ 1,069
hulu 772
Netflix 不明
U-NEXT 1,666
バンダイチャンネル 1,110
【アニメ見放題】配信作品数が多いのは、断トツでアイツだった件【徹底比較】
MEMO
「本数が多くてもどうせそんなにアニメを見ないから意味がない」と言う人もいるけれど、わたしはその意見に対してあまり同意できないわ。

だって「旧作が見たくなったときにすぐ見られる」という圧倒的なメリットがあるんですもの!

他のサービスだと、話題にならなくなったらすぐに配信終了…となっちゃうことも多いのよね。でもdアニメストアならちゃんと数年前のアニメも配信されているのよ。

よく言われるように「dアニメストアは2,500本以上のアニメが配信されている」と聞いてもピンとこないかもしれないわね。

でも、「dアニメストアなら見たいアニメがちゃんとある」と言われるとイメージできるんじゃないかしら。

たとえば衝動的に『交響詩篇エウレカセブン』『電脳コイル』『SHITOBAKO』が見たくなったらどうする?

わざわざレンタル屋さんにいくの?まさかAnitubeなんて使わないわよね? dアニメストアに登録していれば旧作もしっかり見れるわ。

アニメの動画配信本数が多いということは、それだけあなたが見たいアニメが配信されている可能性が高いということよ。

画質よし、フルHD(1080p)対応

dアニメストアはフルHD(1080p)級の画質でアニメを配信してくれているわよ。

公式サイトで画質についての言及はないけれど、このサイトで独自の調査をしたところ dアニメストアの画質は、フルHD(1080p)レベル であることが判明したわ。

以下の記事で「フルHD画質(1080p)」を謳っている huluやAmazonプライムビデオ と画質を比較してみたけれど、dアニメストアもそれらと同等の画質だったわよ。興味があったら見てちょうだい。

【調査】dアニメストアの最高画質はフルHD(1080p)っぽい
MEMO
「dアニメストアはフルHDに対応していない」と記述しているサイトもあるけれど、本当にそうなのかしらね? 論拠が見当たらないわ。

少なくともわたしがPC、スマホ、タブレットでdアニメストアの動画を見ていて、画質の悪さに困ったことはまったくないのよね。

ダウンロード可能

dアニメストアでは、アニメ動画のダウンロードが可能よ!

ユキヤ外出先でも気軽にアニメ!ダウンロード可能な動画配信サービス(VOD)まとめ

外出先でアニメの動画を見ようと思ったら、LTEの通信量をゴリゴリ消費しちゃうのよね。

HD画質のアニメ動画なら、1話あたり400MBほど消費するらしいわよ…。


出典:dアニメストア| IIJmio

携帯回線(LTE)で動画を見ていたら一般的な通信制限である 7GB/月 なんてあっという間に使い切っちゃうのが悩みどころ。

でも、ダウンロード機能があるおかげで、あらかじめ家のWi-Fiでスマホやタブレットなどの端末にダウンロードしておけるのよ。

こうしておけば、電車やバスでの通勤・通学、待ち合わせまでのちょっとした暇な時間に、保存したアニメを再生できる。もともと保存したものだから、LTE通信量を消費しなくてすむのよね。

20分ほどあればアニメが1話進むので、意外とそういう「スキマ時間にアニメを見る」という楽しみ方もアリよ!

「遅れてくる友人の待ち合わせ」「ライブなどの物販での待機列」など、1人で暇な時間ができたとき「役に立ったなあ」と実感するわね。

新作の配信にも強い

dアニメストアだと、新作アニメの配信もかなり早いのよ! 「見逃し配信」として活用できるように、おおむね地上波の最速放送から1週間以内に設定されているわ。

すると、地元のテレビ放送よりも先にdアニメストアで配信が開始されることもあるのよ。

曜日 放送・配信
土曜日の深夜 第1話、首都圏で放送開始
火曜日の正午 第1話、dアニメストアで配信開始
木曜日の深夜 第1話、関西で放送開始

…みたいなこともあるわね。

新作アニメの配信が早いだけじゃなくて、新作アニメの配信本数も多いのよね。 おかげで「録画」というやっかいな作業から開放されたわ。だってぜんぶdアニメストアで見ればいいもの。

地方のアニメファンにとって悩ましい問題の1つが「見たいアニメの放送がない」「うちの地域は放送が遅い」ということじゃないかしら?


見たいアニメの放送がなくてショックを隠せないオタク(イメージ図) ©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

いわゆる「アニメ過疎地域」だと、地上波だけでアニメを視聴するのはかなり厳しいのよね。

そんな「アニメ過疎地域」にお住いの人にこそ!!こういうVODサービスを推したい!!!(食い気味に

BS11やAT-Xで録画して視聴するぐらいなら、月400円の課金でdアニメストアに加入したほうがいいんじゃないかしら?

使いやすいUI(検索機能が優秀)

2,500タイトルもアニメがあったら、お目当てのアニメを探し出すのは大変なんじゃない?

…という不安もあったんだけど、そんなことはなかったわ。dアニメストアは検索機能も充実しています♪

「制作会社」「声優」などからフリーワードや五十音順に探すことができるのよね。アニメの配信数が少ないhuluやAmazonプライムビデオよりも、お目当てのアニメが探しやすいわ。


画像出典:dアニメストア

たとえば視聴履歴から「あなたへのおすすめ」を提案してくれたり、劇場版の公開に合わせてTVアニメ版を「話題の注目作」としてまとめてくれていたりするのよ。

コードギアス、ごちうさ、Fateが劇場版をやるときには、ちゃんとdアニメストアで特設ページが設けられてる。


画像出典:dアニメストア

わたしはこの機能のおかげで、前から見たいと思っていた『交響詩篇エウレカセブン』を初めて視聴することができたわよ!

安い

dアニメストアは月額料金が安い!なんだかんだいってお金のことは大事よw

「あれもこれも」とよくばらず、アニメだけに特化しているからだと思うんだけど、月額料金が他のVODサービスと比べてすごく安いのよね。

月額料金
U-NEXT 1,990円
バンダイチャンネル 1,000円
Netflixスタンダード 950円(650円のベーシック、1,450円のプレミアムもあり)
hulu 933円
Amazonプライムビデオ 400円(または3,900円/年)
dアニメストア 400円

キャリアフリー

dアニメストアはドコモが提供しているサービスだけど、ドコモの携帯を使っていなくても加入することができるわ。 auユーザーだろうがソフトバンクユーザーだろうが、問題なく使えるの。

dアニメストアはいわゆる「キャリアフリー」というやつね。たとえばauビデオパスなどはキャリアフリーではないのよ。

ちなみに格安simユーザーでもdアニメストアに登録することができるわね! わたしはもともとSoftBankユーザーで、いまはIIJmioのユーザーだけど、どっちの時代も余裕で使えているわ。

スポンサーリンク

dアニメストアのデメリット

ここまではメリットを列挙したけれど、ちょいと気になるところ(デメリット)もいくつかあるので、それも書いておこうと思うわ。

見れないアニメがある

作品の点数は他のVODサービスと比べても断トツで多いんだけど、日本のすべてのアニメを網羅しているわけではないことには注意しておいてちょうだい。


見たいアニメが配信されてなくて絶望するオタク(イメージ図) © 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

つまり、さすがに「dアニメストアに登録していれば日本中すべてのアニメを見られる」というわけではないってことよ。

たとえば2017年冬アニメだと『昭和元禄落語心中』のように「Amazonプライム独占配信」みたいな配信形態もあったりする。『幼女戦記』とかも配信がなかったわ。

他にもアニメの「ポケモン」や『名探偵コナン』や『とっとこハム太郎』なんかはhuluやAmazonプライムビデオじゃないと配信してなかったりするのよ。

注意
基本的にはアニメをかなり網羅してくれているんだけど、権利の都合上たまーにdアニメストアで配信していない…みたいなこともあるのよね。

動画配信が終わることがある

これはdアニメストアに限ったことではなくて、VOD(動画配信)サービスの宿命でもあるんだけど、とつぜん見たいアニメの動画配信が終了することがあるわ。

電脳コイル 通話あのアニメが見れない!?VODでありがちな動画配信終了にご注意を

dアニメストアの場合は配信終了が前もって予告されているからまだ良心的だけどね。

数万円を投じてでも自分の手元においておきたいぐらい好きなアニメなら、ネット動画よりもBD(円盤)購入をおすすめしたいわね。

私ならここで決める!BD(円盤)購入か、アニメ見放題の動画視聴か

マルチデバイス対応(PC、タブレット、スマホ可)だけど…

dアニメストアは、いわゆる「マルチデバイス対応」ってやつね。 家のPCでも、手持ちのスマホでも、もちろんタブレットでも見ることができちゃうわ。

もちろん、AndroidだろうがiOSだろうが視聴できるわよ。 iPad miniのようなタブレット端末でアニメを見ると画面が大きいからスマホより見やすいし、しかもPCのように場所を選ばないので、おすすめの視聴スタイルなのよね。

MEMO
Chromecastを使ったり、HDMIケーブルにつないだりすれば、テレビに出力することもできる。家の大画面テレビでアニメ見たいって人は、そういう使い方も可能ね。

ただし、dアニメストアはマルチデバイス対応を謳っているんだけど、デバイスをかえるごとにログインしなおさないといけないのが煩雑なのよね…。

huluの場合

  1. パソコンで一時停止
  2. タブレットやスマホで、一時停止した位置からすぐ再生

dアニメストアの場合

  1. パソコンで一時停止
  2. ログイン
  3. タブレットやスマホで、一時停止した位置から再生
ログインしなおすためにいちいちパスワード入れんのめんどくさいねん!!!…って思うときはわりとあるわね。

huluをみならってほしいわ。

決済方法が限られている

dアニメストアって、決済手段が少ないのよね…。

  1. クレジットカード
  2. キャリア決済(※ドコモユーザー限定)

つまりdアニメストアの料金は「クレジットカードで支払う」か「携帯電話の料金と一緒に支払う」かの2択しかないってことよ。

ドコモユーザーでなければ実質的に「クレカ払い」の一択(例外として、格安simのIIJmioなどはdアニメストアの料金をまとめて支払うことができる)。

dアニメストアの支払いにデビットカードは使えないそうなのよね。

dアニメストアってせっかく月額400円という良心的な価格設定だから、アニメ好きな高校生とかが使いたいと思うのよ。

せめてデビットカードに対応してくれればいいのにな…とは思うわ。

その他動画配信サービスとの比較

dアニメストアを、その他のサービスと比較してみましょう。

同じくアニメ専門のサービスであるバンダイチャンネルとは、「見放題」対象の本数が違いすぎるのよね。

  • dアニメストア:2,509本
  • バンダイチャンネル:1,110本

それに、月額料金もぜんぜん違うわ

  • dアニメストア:400円/月
  • バンダイチャンネル:1000円/月

アニメ見たいなら、バンダイチャンネルよりもdアニメストアのほうが優秀といえるわよ(ただし歴代ガンダムシリーズすべて配信しているのはバンダイチャンネルだけ)。


そのほか、dアニメストアと同じ月額料金400円のサービスとしてAmazonプライムビデオがあげられるのよね。

『昭和元禄落語心中』『BEATLESS』『ヲタクに恋は難しい』のように、アニメにおいても「Amazonプライムビデオ独占配信」で存在感を示しつつあるわ。

とはいえAmazonプライムビデオにおいて「アニメはおまけ」にすぎない。

「Amazonプライムビデオのために有料会員になる」というスタンスではなくて、「よく利用するAmazonの有料会員になったら、ついでに動画もいっぱい見れる」ぐらいのスタンスで登録することをおすすめしたいわね。

セイバー エクスカリバー意外と名作ぞろい!Amazonプライムビデオはアニメ見放題に使える

最後に、U-NEXThuluNetflixとdアニメストアを比べるわね。

…と思ったけどこれらのサービスはアニメ専門のサービスではないから、「アニメ見放題」を探しているならdアニメストアと比較するまでもないのよね。

ただし、海外ドラマが好きならhulu、PPV(1話ごとの個別課金)の動画を視聴しまくるならU-NEXT、オリジナル作品を楽しみたいならNetflix…など、アニメ以外のコンテンツにも課金する価値を感じるなら一考の余地があるかもしれないわね。

総評:アニメファンにほしい機能がちゃんと揃っている!

dアニメストアはこんな人におすすめ
わたしみたいに「海外ドラマや、国内バラエティ番組には興味がない!アニメだけ見れたらいい!」…って人なら、他のVODサービスではなくてdアニメストアに加入すればいいわ。

まとめてみると、使い込んでいくほどに、よさがわかってくる…って感じ。

2016年時点でのアンケートだけど、dアニメストアの利用率が圧倒的に高いことも、「定番」であることを裏付けてくれているわよね。


出典:アニメファンの動画配信サービス利用動向:ニコ動からYouTube、dアニメ、バンダイチャンネルまで | アニメ!アニメ!

ほかにもアニメを見られる動画配信サイトはたくさんあるけれど、まずはアニメ専門のサービスを登録してみるべきよね。

とりあえず31日間無料で試せるので、使ってみて継続課金するかどうか判断してみるといいんじゃないかしら。

以上「あにまんど」管理人でした!またね!