もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

電脳コイルファン歓喜!磯光雄さん新作『地球外少年少女』制作決定!

磯光雄

VODでアニメ視聴する人のためのブログ「あにまんど」の管理人(@anime_VOD)です(`・ω・´)

『電脳コイル』を手がけた磯光雄さんの最新作「地球外少年少女」のアニメ制作が発表されました!

電脳コイルファンのワイ、歓喜。

『地球外少年少女』アニメ化決定

なんとな〜くTwitter眺めていると、衝撃的なニュースが流れてきました。

『電脳コイル』で有名な磯光雄さんが手がける新作アニメ『地球外少年少女』が発表されました! アメリカのシカゴで開催中の「Anime Central」というイベントで発表されたらしいですね。

だから磯さんはシカゴに行ってたのか…と、ようやくわかりました()

日本のメディアではコミックナタリーなど各メディアが一斉に報じましたね。

あらすじ

「地球外少年少女」は2045年、インターネットとAIが普及した宇宙空間が舞台となる。宇宙ステーションで大規模な事故が発生し、取り残されてしまった子供たち。彼らがナローバンドやSNS、低知能AIやスマートフォンで操作できるドローンなどを駆使して、数々のピンチを乗り越える姿が描かれる。

引用元:コミックナタリー

電脳コイルよりさらに未来の話!これはおもしろそう!!

スタッフ・キャスト

ちなみに、他のスタッフも一部公開となっています(キャストはまだ)。

  • 原作・監督・脚本:磯光雄
  • キャラクターデザイン:吉田健一
  • 制作:SIGNAL.MD

本作について磯は「宇宙を舞台にしたアニメをあまり見かけなくなり、自分で作ってしまおうと思いました。宇宙はすでにSFに登場する遠いイメージではなく、実際に行ける場所になりつつある。そんな環境に投げ込まれた少年たちが体験する冒険を、実際に行ってみてきたような感覚で描いてみたい」とコメントしている。

引用元:コミックナタリー

「実際に行ってみてきたような感覚で描いてみたい」という言葉にはすごく期待が持てます。実際に『電脳コイル』はそういう作品でした。

『電脳コイル』を見ていた人ならわかると思うけど、「電脳メガネ」をつかったAR(拡張現実)の世界、202X年の日本の未来に、わたしたちはワクワク感を抑えきれなかったはずなんです!!!

(C)磯 光雄/徳間書店・電脳コイル製作委員会

そんな『電脳コイル』でARの世界を見事に描いてみせた磯光雄さんの作品だからこそ、次の『地球外少年少女』もきっと素晴らしい作品になることまちがいなし…!という期待がある。

キャラデザを担当する吉田健一さんは『交響詩篇エウレカセブン』や『ガンダムGのレコンギスタ』のキャラデザを歴任、他にもアニメーターとしてたくさんの有名作を手がけています。

いやーーー楽しみ!!

放送時期はいつ?

ただし、放送時期などの詳細は今のところ未発表のまま。しばらく先になりそうですが、首をなが〜くして待っておきたいですね(^^♪

また、現在のところはコンセプトアートが発表された段階にとどまっており、アニメ公式サイトも現在はまだ公開されていません。

本格始動はもう少し先になりそうですよ〜。

原作

『地球外少年少女』の原作は磯光雄さん本人によるものらしいんだけど、どうやら原作コミックスなどが一般流通しているわけではないらしい。雑誌『アニメスタイル』の第10号に「漂流企画書」としてチラッと情報が小出しになってるだけ。

初期の草稿を見られるって、それはそれでかなり貴重だから普通にほしいレベルですねw

スポンサーリンク

磯光雄さんの作品を見る

自分の場合は、はじめてハマったアニメが『電脳コイル』でした。そして今でもやっぱり好きなアニメを10本挙げるなら、絶対にこのアニメは入ります。

磯光雄

(C)磯 光雄/徳間書店・電脳コイル製作委員会

…というわけで原点回帰!磯光雄さんの『電脳コイル』をいま一度見直してみることにしました。なんだかんだいって3回ぐらいしか見てないんだよねえ。

電脳コイル 大黒黒客再放送なんて待てない!『電脳コイル』がdアニメストアで動画配信中

え?アニメの消化が忙しくて過去作が見れない?そんなあなたは「流行の檻から脱する」ことを考えるべきでしょう。

アニメ録画の消化が追いつかない、時間がないなら、考えるべきこと

それではまた〜ノシ