もうわたしは我慢しない!見たいアニメを、見たいときに見る方法とは

2018年秋アニメ「見逃し配信」についてまとめてみた!

みなさん、オルカーー!!

アニメのVOD配信 情報サイト「あにまんど速報」の管理人、さかまた凪(@anime_VOD)よ。

ナギって呼んでね!

ナギ

テレビ放送をやっているアニメの「見逃し配信」って、最近じゃよく利用されるようになってきています。

じゃあ、実際どのサービスがいちばん「見逃し配信」に強いのか?ということについて、2018年秋アニメをサンプルに調べてみました。

秋アニメ見逃し配信調査


2018年秋アニメといえば… ©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

今回の調査にあたっての前提条件は以下の2つ

  • 「見放題」対象のみをカウントする(1話200円で見られるような PPV対象作品を含まない)
  • リサーチ対象:2018年秋スタートのアニメ59作品

調査結果はこうなりました↓↓

サービス 配信数 割合
dアニメストア 44本 74%
Amazonプライムビデオ 23本 39%
hulu 22本 37%
Netflix 13本 22%
U-NEXT 25本 42%
アニメ放題 33本 56%
バンダイチャンネル 28本 48%
フジテレビオンデマンド 31本 53%
auビデオパス 32本 54%
dTV 13本 22%

詳細は、Googleスプレッドシートにまとめておきました↓↓

参考 2018年 秋アニメ配信リストGoogleスプレッドシート

集計結果を見てみると、やっぱりdアニメストアが一番強いってことが、よくわかりますね〜。

秋アニメのほぼ4分の3を、dアニメストアだけで見ることができちゃいます。 改めて集計してみると、これはすごい…。

月400円でほとんどの新作アニメを見ることができるんだから、これはもう「録画してアニメを見る」なんてめんどくさい方法をとらなくても、ぜんぶdアニメストアで見ちゃえばいいよね?って話になってきます。

TARI TARI おたんこなす「アニメを録画で見る」という欠陥だらけの視聴方法 録画失敗とはおさらばだ!

dアニメストア以外はどう?

アニメ専門のバンダイチャンネルや、アニメ放題などもなかなか健闘しています。

月額料金は高いけれど、U-NEXTや、フジテレビオンデマンドや、auビデオパスもそこそこの強さがあるといえる。これらのサービスでは秋アニメのほぼ半分を見ることができるので、一考に値するレベルの網羅率だと言えるかもしれません。

ただし、上記のサービスで見られる「見逃し配信」アニメは、dアニメストアで見られるものばかりだということも頭に入れておくべきでしょう。言っちゃえばすべてdアニメストアの下位互換です。

見逃し配信が少ないのは

さて、調査結果の表を見てみると、hulu、Amazonプライムビデオ、Netflix、dTVなどは見逃し配信には弱いこともわかる。

NetflixやAmazonプライムビデオは、見逃し配信に力を入れているというよりも、独自コンテンツの充実に力を入れている感じ。

「うちでしか見れないよ!!」というアニメを増やすことに力を入れている…ってことね

ナギ

集計対象が「2018年9月スタートのアニメ」に限定されているのでhuluは少ないようにみえるかもしれないけど、実はそうでもないですよ。

huluは、1クールアニメよりも長期クールアニメに力が入っていて、『名探偵コナン』「ポケモン」などの配信のほうが強め。『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』『ブラッククローバー』なども配信してくれています。

はたらく細胞 血小板なぜ私は「アニメを見るために」huluに課金し続けるのか?【レビュー】

スポンサーリンク

秋アニメの独占配信を調査

単純な本数とは別に、独占配信しているアニメがあるというのも魅力の1つ。こちらも2018年秋アニメから「独占配信」コンテンツの数を集計してみました。

サービス 配信数
Amazonプライムビデオ 5作品(『色づく世界の明日から』『からくりサーカス』『寄宿学校のジュリエット』『蒼天の拳 REGENESIS(第2期)』『走り続けてよかったって。』
Netflix 1作品(『イングレス』)
フジテレビオンデマンド 1作品(『ゴールデンカムイ』)

やっぱりAmazonプライムビデオは「独占配信」が多い。そうやってユーザーを囲い込む戦略なのでしょう。

「独占配信」とすることでdアニメストアが手出しできないようになっていて、うまく存在感を示すことに成功しています。

今期は『色づく世界の明日から』を見ているので、Amazonプライムビデオは手放せないわ!

ナギ

調査結果からわかること

「なんとなく」だった知識を、いちど集計して数値化してみることでハッキリとさせることができました。

  • dアニメストアがすごい(知ってた)
  • 「独占配信」の強いAmazonプライムビデオの存在感もある
  • アニメ専門であるバンダイチャンネルやアニメ放題は、dアニメストアの下位互換となっており、やや厳しめ
  • アニメ以外も楽しむなら、U-NEXT、フジテレビオンデマンド、auビデオパスなども選択肢に挙がってくる

というわけで、当サイトとしてのスタンスはこれです↓↓

新作アニメ見るなら:
以上「あにまんど速報」管理人の、さかまた凪でした。またね!

ナギ